Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

公認心理師の受験資格が学部卒者にも与えられることに対する批判があんまりイケてない件

公認心理師法案 意見広告

14/09/23のエントリ、読売新聞に掲載された公認心理師法案修正要望に関する意見広告と賛同者名をテキストに起こしてみるよで、意見広告のテキスト起こしをしてみたわけなんですが、改めてその内容を読んでみると…どうも引っかかる点があるのですよ。引っかかるというか、ぶっちゃけて言ってしまえば「イケてない」と思うのです。

私が「イケてない」と思うのは、臨床心理士有志が公認心理師法案に強い懸念を抱きその修正を要望する、その「理由2」です。

まずは「理由2」を引用してみましょう。

理由2 大学院を修了していない学部卒業者にも受験資格が与えられています

●心の健康に関わるためには高度な専門知識と技能が要求されます。そのため、学部教育だけでは不十分で、少なくとも大学院修士課程における教育・訓練が必要と考えられ、臨床心理士資格は大学院修士課程修了を受験資格としています。学部卒業での受験資格は心理サービスの質の低下を招き、国民の心の健康を維持向上するうえで支障をきたす可能性も出てきます。
●世界的に見て、心理職の国家資格は大学院修士課程修了以上を前提としています。学部卒業者の受験資格を認めれば、世界水準からみてはるかに専門性の低い資格となってしまいます。

さてさて…

「学部教育だけでは不十分」なのは何で?

限られた紙面でさらに専門家にではなく一般に向けての文章なので、言葉足らずになってしまうのは仕方ないと思うのですが、それにしてももうちょっと詳しく書いてもいいんじゃないでしょうか?

確かに「臨床心理師資格は大学院修了を受験資格としています」。そうです。その通りです。

しかし、単純に養成期間の長さだけで言えば、学部は4年間、大学院修士課程は2年間です。「いや、臨床心理士は学部+修士の6年間だ」という意見もあるかもしれませんが、現行の臨床心理士の養成において、学部は心理系の学部でなくてもいいわけです。

現行の臨床心理士の養成課程で行われている教育を、公認心理師を志望している場合は学部の3〜4年次で行う…っていうんじゃダメなんでしょうか?

臨床心理士の養成が「大学院修士課程」で行われる理由って?

そもそも、臨床心理士が修士課程修了を必須としている理由って何なんでしたっけ?

私の理解としては、その理由は臨床心理士の業務の一つに「研究」が含まれているからだと思っていました。

その仕事に研究が含まれているからこそ、研究者養成のための機関である大学院修士課程の修了が必須だったんじゃないでしょうか?

そう考えると、修士論文を課さない専門職大学院なんてものを作ってしまった時点で、臨床心理士の理念というのは損なわれてしまったんじゃないかと思うわけです…というのはまた別のお話。

「修士課程における教育・訓練」のレベルが高いから学部教育ではダメというのであれば、やっぱり同等の内容を学部の3〜4年次でやればいいという話になるように思われます。

「世界水準からみて」って「クラスのみんなはファミコン持ってる」と同レベルの話では?

自分の子どもが「クラスのみんなはファミコン持ってる!」「持ってないのは家だけ!」「だから買って!」と言われたら、何て答えます?

「よそはよそ。うちはうち」なんじゃないですか?少なくとも「みんなは持ってる」という理由だったら、私はそう答えます。

「なぜファミコンが欲しいのか」?「みんなが持っている」という以外の理由を説明できるのであれば、私は考慮しないでもないです。

「世界的に見て、心理職の国家資格は大学院修士課程修了以上を前提としています」だと弱すぎるんですよ。なぜ「大学院修士課程修了以上」が前提となっているかを説明しないといけないと思うのですよね。その理由づけがないと「よそはよそ。うちはうち」で終わる話ですよ。

そしてその理由が「『修士課程における教育・訓練』のレベルが高いから」ならば、上で書いたように同等の内容を学部3〜4年次でやればいいという話で終わります。

改めて臨床心理士の理念を見直す必要があるはずなんだけど…

なんでこんなに公認心理師の受験資格が学部卒者にも与えられることに対する批判がイケてないのかというと、臨床心理士の理念が忘れ去られてしまっているからだと思うのです。

ぼんやりと「修士課程における教育・訓練のレベルが高い」と言うのではなく、臨床心理士の養成課程はどうレベルが高いのかを明確に打ち出さなければ批判として成立しません。

今こそ、臨床心理士の理念を見直す時期ですよ。

…でも、それをやってしまったら「専門職大学院」の存在意義が失われかねないわけであり。そして、あの意見広告に名前を載せていた中には専門職大学院を推進した先生も少なからず含まれているんじゃないかとも思ったり。

さて、どうしたもんですかね?

皆様からの異論・反論・オブジェクション、お待ちしておりますよ。

関連記事

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦 著『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読んでもいないのに批評してみる

最初にご注意。記事タイトルにもガッツリ書かせていただきましたが、ワタクシはこの本を読んでおり

記事を読む

スクールソーシャルワーク実践技術: 認定社会福祉士・認定精神保健福祉士のための実習・演習テキスト

「公認心理師と名称が似ているから国家資格成立後に臨床心理士は使えなくなる」論を唱えてた奴は前に出なさい

これまで何度かこのブログでも話したような気がするんですが、私の妻は社会福祉士の資格保持者であ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (5件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ロテ職人さん、とてもとてもお久しぶりです。その節はお世話になりました、有意義な時間をありがとうございました。
    さて、コメントを少しだけ。
    話題が、資格の学位をどこまで認めるかと、心理士の理念を見直すべき、というふたつに分かれているわけなんですが、どちらにしても研究の位置づけを再検討する必要がある、ということなんですね。
    それは自明のこととして大賛成ですが、ひとつ他の要素として『学部教育と大学院教育では学生の数が違う』ことと、『院生は守秘義務を負う』ことが違うのではないかと思います。
    同じ内容でも、母体数が違うと間違った内容がひろまったり、テストの解釈が曲解されたり。そのへんのリスクはあるのではないでしょうか。
    また、守秘義務がないと事例検討ができないなど、疑似体験すらできずに現場にでる学生のほうがかわいそうな感じもします。
    専門職大学院は…うーん…かばいだてできません。研究という意味では大失敗ですが、上記ふたつのリスクを回避する意味ではあってよかったの…かな。

  2. こんにちは。
    異論、反論ではなく、最近心理系資格について思っている事ですが、結論から言うと「学部卒でも問題は無いし、修士必須は妥協点、博士必須は論外」ということです。

    最近、妻(not心理/教育関係)とも話すのですが、資格を作る方々の考えと時代が乖離していると思います。
    エビデンスは手持ちではありませんが、今、所謂大御所や資格を作る方々は僕らの親世代で、それって「高卒で働くものだし金の卵」「大学に行くお金がない」「お金があっても院まで行かせてくれる理解のある家は少ない」時代で、少なくとも僕の父は働きながら夜間大学出ましたし、妻の父は高卒で「金の卵」として当然特別な教育もなく働き、そね名の通り年収が1000万超えでした。

    だから院に行って研究する人は、よっぽどお金や理解に恵まれている人で、もうその時点で経済や教育格差があり意識が現代と乖離していて、結果、大御所や資格作る方々がそんなだから、臨床心理士界隈は学生気分が抜けてないと妻は言います。

    僕は、上述したことは確かにあると思いますし、それに加え、国民の心の問題に広く資するみたいなお題目を掲げる以上は、「学部卒じゃダメ」ではなく、学部卒でも一定の専門性を多くの学生が付けられるような人材育成システムを作る事が道理だと思います。

    今、大学全入時代なので大学までは前提としても社会的文脈とそんなに乖離は無いと思いますが、それ以上はちょっと無理があると思います。

    また、僕は人材育成も専門性の一部だと思っていて、専門性のお題目の下、将来の人材に、彼/彼女らのお金で修士だの博士だのに行かせるのは、筋違いだと思っています。百歩譲ってそれだけの就学を望むなら、将来の仕事と収入を約束すべきだと思います。

    とはいえ、将来の仕事と収入の約束は現実的ではありません。
    ですから、学部卒でも一定の専門性を付けられ、その後働きながら、専門性をさらに養う事が必要だし、そういうシステムを作る事がスジだと思います。

    専門性はそんなもんじゃない、とか、それは難しいと言う方々はいると思いますが、それを難しくてもやるべきだし、やってのけてこその専門性だと思います。

    妻が言うには「専門性が必要で大学院に行く必要がある。学部じゃダメだ修士だ、修士じゃ足りない博士だ、でも大学院に行くのは自己責任。で、社会の波に乗れなくても仕事自己責任。そんなんじゃ干からびる。」です。

    少なくとも僕は院に行ったのもこの業界に来たのも自己責任でいいですが、後続の人材にはそのような事にはなって欲しくないですし、大学院任せ、志望者任せではなく、キチンと業界で責任持って人材育成をすることが、後の心理士だけでなくユーザーの利益になると思っています。

  3. 概ね同意します。反対の理由にいまいちピンとこない点が、少し分かった気がします。主張を通すための方便として世界基準を出すのは、論理的に考えた結果には見えません。

    そうなると資格を議論をしている人々は、なぜ学部卒以上の教育が必要かを説明できないということになるのでしょうか。反対派だけかもしれませんが。日本心理臨床学会のシンポジウムでは、東大の先生が、生物心理社会の要素を盛り込んだカリキュラムの試案を提示されていましたが、周囲がいつまでも大枠しか見ない場合には、議論の質が下がりそうだとか、余計な心配をしました。

    是非とも「いかに主張を通すか」ではなく、「いかに有益な議論に仕上げるか」に専心してほしいと思いました。

     

  4. 院卒が必須であるかどうか、よりもSVを受けながらケースを持つ経験を一定以上積むことが大切ではないかと思います。学部では、実質的に難しいのではないでしょうか?

  5. 教育と訓練を一緒にというのが、むずかしいのだと思います。

    基本的には大学・大学院での基礎理論や問題提起の考え方をしっかりと学ぶ必要があって
    臨床のトレーニングはあくまでもSVとしっかりと事例にむきあう(ここが抽象的になるのですが、これの評価は質的な解釈になると思います)ことと思います。

    大学院が必須かは微妙ですが、学部の人数で個別の指導という体制がとりにくいのかもな~と思ったりします。が、指定校の中にもキャパ越え(と感じる)人数のところもあるので・・
    最低限、研究モデルや自分で仮説を立てて検証できる能力がついていないと心理士としての専門性を伝えたり開拓できない、という意味や勤勉さ(最低限、大学院の受験や学会にでる程度は)がそなわっているとよいかと。(質の高い大学生と質の低い大学院生、の差はありますが)

    各県に1つの心理臨床研修センターを開設して、2年間、集中的にトレーニングと治療や介入をできたらいいと思います。だと、概ね高度に専門性をみにつけたと新卒で現場にでれます。

    論点がずれてたらすいません。
    指導カリキュラムや教員、学部の体制と大学院の体制による教員の裁量の差、院より大学のほうがしがらみがありそうで、これが大学内での政治的な感じになりやすい?と邪推してみます。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑