Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

『心理療法の世界1──その学び』『心理療法の世界2──その拡がり』(学習院大学人文科学研究科臨床心理学専攻・学習院大学心理相談室 編)

心理療法の世界1──その学び

いつもお世話になっております遠見書房さんの新刊が出ております。

心理療法の世界へようこそ

心理臨床初学者はどんな心構えを持てばいいのか。何をどう勉強すればいいのか。大切にしたいこととは何か――。本書は,心理臨床の第一線で活躍されている先生がたによる,心理臨床初学者のための珠玉の教えをまとめた本です。学習院大学において行われてきた心理療法についての講演やシンポジウム,学習院大学心理相談室紀要に掲載された論文などからピックアップし,広く心理臨床を志す若い人たちに読んでいただこうと書籍化いたしました。ぜひ先達の深い教えを自分のものとして,心理療法の世界へ歩み出してください。『心理臨床の世界2──その拡がり』同時刊行。

心理療法の世界を拡げよう

心理療法家として,確かな実力を身につけてゆくにはどうしたらいいだろう。本書では,その心構えや実践へのアドバイスを,心理臨床の先達が真摯に教えてくれます。発達障害をどのようにとらえ,どのように臨床につなげるか,こころと身体を合わせた全人的ケアとは,ユングの語る個性化と心理療法など,豊かな視点から語られる講義は,あなたの臨床力を拡げてくれるだろう。『心理臨床の世界1──その学び』同時刊行。

出版社の紹介ページでは、『心理療法の世界1──その学び』『心理療法の世界2──その拡がり』それぞれの主な目次と序文が読めますよ。

心理療法の世界1──その学び/心理療法の世界2──その拡がり遠見書房

何がすごいって、とにかく執筆陣が豪華です。豪華すぎます。

何でこんな豪華なの?…というと、その理由は「学習院大学において行われてきた心理療法についての講演やシンポジウム,学習院大学心理相談室紀要に掲載された論文などからピックアップし,広く心理臨床を志す若い人たちに読んでいただこうと書籍化」した内容だからなのでございます。

個人的に特に読んでみたいと思うのは『心理療法の世界1──その学び』の第6章・第7章ですかね。

第6章「日常臨床と行動療法」(山上敏子)は、長年実践してきた行動療法の要諦について事例をもとに教えてくれます。とくに「どこが困るの」「どこから治すの」「どうしたらいいの?」と患者さんに聞くことが大切であると強調します。そして山上氏の行動療法実践を聞くと「行動療法は症状を除去するだけ」という考えがいかに大きな誤解であるか痛感します。そのひと全体をよく観察し、理解し、可能なところから援助するのが行動療法なのです。

第7章は、村瀬嘉代子氏との対談とフロアとの質疑応答で構成されています。心理療法の達人同士の対談内容については、読んでもらうしかありません。そしてそこで今自分が感じたこと考えたことを覚えておきましょう。数年後には違う感じ方、考え方に気づくはずです。

主な対象は初学者だと思いますが、依って立つ理論に関わらずそれなりにキャリアのある方々も興味が持てる内容なんじゃないでしょうか。

とりあえず、今度書店に行った時にチェックしてみたいな、というわけで備忘録的なエントリなのでございました。

興味がある方は是非ともポチっとどーぞ。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑