特撮ドラマ『ネオ・ウルトラQ』主人公の心理カウンセラー?臨床心理士?の設定など色々微妙な件

ネオ・ウルトラQ VOL.1

特撮ドラマ『ネオ・ウルトラQ』を知ってますか?

円谷プロダクションが制作、1966年に放送された伝説のドラマ「ウルトラQ」は、ユニークな怪獣や宇宙人が次々に登場する特撮ドラマとして、その後の 「ウルトラシリーズ」の礎となった作品。と同時に、さまざまな怪異現象を通して、環境破壊や人間性の喪失など、現実社会の闇に鋭く切り込んだ作品でもあった。そして現代、世界がなお抱える闇に迫るべく、全12話のまったく新しいドラマシリーズ「ネオ・ウルトラQ」が誕生! 気鋭のクリエイターたちがそろい、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”がいよいよ始まる。

2013年にWOWOWで放送された特撮テレビドラマですよ。

そして関東ローカルで恐縮なのですが、現在、TOKYO MXで放映中なのです。

http://s.mxtv.jp/neo_ultra_q/
TOKYO MX * 円谷劇場「ネオ・ウルトラQ」

ついでに、初代の『ウルトラQ』も放映中だったり。

http://s.mxtv.jp/ultra_q/
TOKYO MX * 「円谷劇場「ウルトラQ」」

ちなみに田辺誠一氏演ずる主人公の南風原 仁(はいばら じん)は

40歳。超常現象の研究実績を持つ心理カウンセラー。

ネオ・ウルトラQ – Wikipediaより

ということで、これだけだったら設定的にはありがちなんですが、先日放映された第5話「言葉のない街」ではガッツリと「臨床心理士」と自称していたのが大変気になりました。

その上で、自分の臨床活動について「診療」と称していたのはそれ以上に気になったわけですが。独立開業?している臨床心理士が医行為を行っていることになってしまうのでは?

キャラクター設定などはキャストと各担当監督に委ねられており、一話ごとの独立性が高くなっている。

ネオ・ウルトラQ – Wikipediaより

この辺りで、「心理カウンセラー」だったり「臨床心理士」だったりとキャラクターがぶれてしまっているのかもです。

でもやっぱり「診療」はちょっとね…いや、かなりね…。

ただでさえ脚本が微妙な感じなのに(2013年の作品なのにそんなに話題になってないのはそれなりに理由があるのですよね)その辺が気になっちゃうと、さらにストーリーに没入できなくなっちゃうわけで。

結論として「中途半端に臨床心理士とかそんなキャラ設定は使って欲しくない」というところでしょうか。キャラ立ちさせるのに色々便利なのはわかりますけれども、

関連記事

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなかったのですよ…「最近の」という

記事を読む

ドラクエ3

次女と一緒に3DS版DQ3やってます

17/09/24のエントリ、次女と一緒にDS版DQ6やってますで今さらながらDS版のドラクエ

記事を読む

ナナマルサンバツ第1巻

元「クイズガチ勢」としては『ナナマルサンバツ』は気になるのです

もう今日で9月も終わり。明日から10月っすね。 2017年の夏アニメはほとんど見てなか

記事を読む

Kindle unlimited

Kindle unlimitedで『女帝』全24巻と続編の『女帝花舞』全28巻を読破した

昨日、ガンバって書いたらネタもやる気も尽きてしまったので本日は軽めに更新。 みなさん、

記事を読む

DQ6-3DS

次女と一緒にDS版DQ6やってます

ゲーム業界的にはドラクエIXフィーバー的なことがすっかり落ち着いた感じかと思いますが、そんな

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑