Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【続報】公認心理師法案の陳情に関する民主党・海江田万里氏のFacebookタイムラインが修正されております

海江田万里Facebookページ

昨日のエントリ、推進派の皆様は公認心理師法案について誤解されたままで政治家が法案成立を目指すことはホントに「いいね!」なの?で取り上げた件ですが、民主党の海江田万里氏のFacebookページ、さっそく修正がなされているようです。

こちらは昨日保存した画像。

kaieda-facebook-150611

こちらが本日時点での画像です。

kaieda-facebook-150611kai

しっかり文面が変更されておりますね。

読みやすいように引用します。

修正前

公認心理師推進ネットワークの皆さんから「公認心理師法案」について陳情を受けました。

臨床心理士についてはご存知の人は多いと思いますが、介護や障がい者介助など多様な現場で仕事をしている「心理師」に国家資格を附与すべきとの法案を早期に国会に再提出して、法律として成立させて欲しいとの要望です。

私は今、議席がありませんから、直接、法案の提出者になることはできませんので、民主党の仲間に陳情の趣旨を伝えることを約束しました。「心理師」として頑張っている人々の話しを直接聞くことができて有意義でした。

そして修正後

公認心理師推進ネットワークの皆さんから「公認心理師法案」について陳情を受けました。

臨床心理士についてはご存知の人は多いと思いますが、保健医療・福祉・教育その他多様な現場で仕事をしている「心理職」に国家資格を附与すべきとの法案を早期に国会に再提出して、法律として成立させて欲しいとの要望です。

私は今、議席がありませんから、直接、法案の提出者になることはできませんので、民主党の仲間に陳情の趣旨を伝えることを約束しました。「心理職」として頑張っている人々の話しを直接聞くことができて有意義でした。

細かいことを言えば、二段落目はまだおかしいんですけどね。

これだと「臨床心理士」と「心理職」は全く別物のようにも読めてしまいます。事情を知らない人が読んだら「国家資格である臨床心理士」以外に、「心理職」という職種の人達のために資格を与えようということなのかと誤読してしまう可能性もあるでしょう。そもそも“「心理職」”とカギかっこつきにしている時点で、まるで心理職が固有名詞のようになってしまっていますし。

私だったら「臨床心理士については〜思いますが、」のくだりを削除して、単純に「保健医療・福祉・教育その他多様な現場で仕事をしている心理職のために、「公認心理師」という国家資格を創設する法案を早期に国会に再提出して、法律として成立させて欲しいとの要望です」とします…というのは余計な話ですか。そうですか。

そしてもう一つひっかかってることがあります。

このタイミングで修正がなされたということは明らかに昨日の私の記事が発端だったのだと思います。恐らくは昨日の当ブログの記事を読んだ陳情者(コメント欄での記述から判断すると公認心理師推進ネットワークの中の人ですよね?)が、海江田氏本人かあるいは海江田氏の事務所に訂正を求め、海江田氏側がそれを了承したという流れだったのでしょう。

速やかに訂正された海江田氏はとても誠実な対応をされたと思います。

ただ逆に言えば、昨日の私の記事がなければ訂正を求めることはしなかったのですよね?きっと。

昨日の記事でも引用しましたが、当該コメント覧に公認心理師推進ネットワークの代表と副代表が6月11日の時点でお礼のコメントをしており、当然、彼らは海江田氏のFacebookも読んでいたわけですよ。

当事者なわけですから、読んだ時点で海江田氏に正確に理解していただいてないことは気づかない方がおかしいです。それにも関わらず、訂正は求めなかった、と。

それって、海江田氏に対してとても失礼な話なんじゃないでしょうか?

訂正を求めることで海江田氏のメンツを潰すことを恐れていたのであれば、それは海江田氏がその程度のことで気分を害するような懐の狭い人間だと思っていたということなのでしょうし、海江田氏が間違ったままの文面を掲載し続けることは、それこそ海江田氏のメンツを潰すことに繋がるのではないでしょうか。

だって、誤りを知っていながら放置し、間違っている側の人間はそれを知らないままでいる…って、それは「裸の王様」と同じ構造ですよ。

失礼極まりない話ですよね。

…と書いていて、もう一点気になったことがあります。

あれだけ積極的に情報配信されてきた公認心理師推進ネットワークですが、この海江田万里氏のFacebook掲載の件については全く言及がないのですよね。

サイトのNEWSのページを見ても、4月21日の更新が最後のようです。

サイトの更新のお知らせ専用のページ…ではないようですし、関連情報はこまめに掲載されているようなのですが、この件に関する言及は皆無です。政治家のFacebookページで取り上げられるなんて、それこそ「NEWS」だと思うのですが。

この件について掲載することで何か不都合がある…?というのは私の考え過ぎですかね。うん。多分そうですね。

そんなこんなで色々なモヤモヤは晴れないままではありますが、まずはしっかりと修正された海江田氏の対応は誠実だなあと思った次第でありました。

関連記事

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦 著『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読んでもいないのに批評してみる

最初にご注意。記事タイトルにもガッツリ書かせていただきましたが、ワタクシはこの本を読んでおり

記事を読む

スクールソーシャルワーク実践技術: 認定社会福祉士・認定精神保健福祉士のための実習・演習テキスト

「公認心理師と名称が似ているから国家資格成立後に臨床心理士は使えなくなる」論を唱えてた奴は前に出なさい

これまで何度かこのブログでも話したような気がするんですが、私の妻は社会福祉士の資格保持者であ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑