Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【タイトルが】稲垣 諭 著『大丈夫、死ぬには及ばない 今、大学生に何が起きているのか』【秀逸!】

大丈夫、死ぬには及ばない

書店で発見して、まずはこのインパクトある表紙に釘づけになってしまいました。そして、それ以上にこのタイトルにかなり惹かれる感じでございますよ。

あと、帯を書いているのが最近(2016年1月現在)ネットで話題の精神科医の香山リカ氏であるという辺りもいろんな意味でインパクト大です。

香山リカ氏が絶賛!
「テツガクと大学とリアルと心理学がつながった! こんな本は初めてだ」
拒食嘔吐、自傷、強迫、SM、幻視、離人、倒錯、死への憧憬……。
「心身の事故」を生き、死の淵をのぞきこむ大学生の日常に伴走した気鋭の若手哲学者が提言する異例のケアの記録にして、意表を突く「癒しのテツガク」!

■内容詳細
「リスカ、やっぱり、やっちゃうのか?」
「やめたいけど、どうすればいいのか分からない。どうしても切りたくなる。」
「じゃあ今度、付き合いたい男を見つけるときには、切らせてくれる彼氏を探すように。」
自傷、SM、拒食嘔吐、幻視、離人、倒錯、強迫、死への憧憬……。
大学生は、大人たちが想像もできない日常を生き抜いている。
生きることは、苦しい。ひとは、不自由だ。でも気づいてほしい。きみの魂は、シブトイ。傷みうつろう日々にも、生きていることのかすかな、でも確かな感触がきみのなかにはあるはず──。
「心身の事故」を生きる大学生に伴走した、気鋭の若手哲学者による異例の「臨床哲学」の記録であり、「心の回復力(レジリエンス)」を育てる「事故と自己の現象学」からの提言!
カバー装画に浜崎あゆみのCDジャケットで知られる人気イラストレーター、宮島亜希氏の作品を使用!

出版社のサイトの紹介ページでは…

…紹介ページ、ないですね。“What’s New”を見ると、昨年の7月の更新が最後です。せっかく良い本なのにもったいない。

株式会社 学芸みらい社 「学芸を未来に伝える出版社」

※17:00 訂正1
出版社のサイトは移転したそうで、上記リンク先は旧サイトとなります。

新サイトはこちら。

学芸みらい社(http://www.gakugeimirai.jp/)

紹介ページもしっかりあります。目次が見られますよ。

大丈夫、死ぬには及ばない  今、大学生に何が起きているのか
訂正1ここまで


Amazonさんの紹介文に書かれている通り、著者の稲垣氏の専門は「現象学・環境哲学・リハビリテーションの科学哲学」ということで哲学者なわけですが、この本が哲学書なのかというとさにあらず。

確かに随所に哲学や精神医学、精神病理学などの知見は出てきております。しかし、この本で圧倒的に鮮烈に生き生きと描き出されているのは、筆者の講義のリアペ(リアクションペーパー)を通して見る、様々なモノを抱えた若者たちの姿です。

著者に対してすげえなあと思うのは、それが学生相談の面接室や精神科の診察室での出会いではなく、大学の教室で講義の前後であったり、あるいは筆者の大学のオフィスでの出会いであるということです。

確かにこの手の人たちに、日常の臨床実践の中で普通にお会いすることはあります(とは言いつつ、誰一人として全く同じ体験をしている人はもちろんいないわけですが)。でも治療的な枠組みのないところで、治療者-クライエントという関係ではなく、教員-学生というより個と個に近い関係として出会うのは、ワタクシとしては正直「こわいなあ」と思ったりします。もし自分が著者の立場だったら、こういう関わり方はできるのだろうか?と考えてしまいます。

しかし、そうしたスタンスの関わりであるからこそ、我々の業界的な「事例研究」とは一線を画すような、若者の「生の姿」が描きだせるのだろうなあとも思います。

筆者は本書の序章でこのように述べています。

本書で僕は、大学および専門学校での講義で出会った学生の経験を手がかりに、彼らが現代社会をどのようにして生き抜いているかを、そして死ぬには及ばないと言えるほどの優れた策略をめぐらしながら生きている現実を、提示したいと考えている。

哲学の課題としてそれは、「人間の可能性を最大限に引き出し、死に抵抗する試み」「死ぬには及ばないほどの経験の寛容さの獲得」であり、どんなに苦しく辛い現実があっても、「大丈夫、死ぬには及ばない」と声をかけられるほどの信頼と安心の空間を形成すること、そして苦しんでいる他者のなかに、そこから一歩でも前へと足を踏み出すための手がかりを作り出すことである。

著者の稲垣氏はケアの専門家ではありませんが、本書の中で描かれた若者たちとの出会いを通して、かなりの部分でこの課題を達成されているのではないかと思ったり。

あ、ひとつ要望を挙げるとしたら、ホントは掲載されている学生さん達のリアペ、その本人の直筆原稿(っていうのか?)で読んでみたいなあ、と。実際のところ、この本のサイズだと解像度的に難しいのかもしれませんが、Kindle版とかあればそれも可能なんじゃないかと思ったり。生の文字で読むことにより、さらにリアルに追体験ができるような気がします。

この年代の方々のケアに関わる専門家はもちろんですが、今現在も様々な思いを抱えながら生きている同世代の学生さん達、そして過去にそうした学生さん達であった全ての方に読んでいただきたい本でございます。

本日、2016年1月15日現在、Amazonさんではこの本、「在庫切れ」「入荷時期は未定」なんですよね。ホントもったいない。

楽天さん紀伊国屋書店さんには在庫があるようですので、すぐに欲しいという方はそちらからポチっとどーぞ。

※17:05 訂正2
出版社の方からご連絡いただいたきました。

アマゾンは、本日までに追加搬入分が入荷の予定です。

とのこと。

おそらく在庫が補充されるでしょうから、注文されてもよろしいかと思います。気になる方は在庫状況をご確認の上、ポチっとどーぞ。

『大丈夫、死ぬには及ばない 今、大学生に何が起きているのか』 – Amazon.co.jp

訂正2ここまで

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ロテ職人さま お世話になります。早速のご修正、感謝申しあげます。アマゾンの哲学・思想ジャンルで、再び順位が上昇しています。直前にあったこととして考えられるのは、ロテ職人さんのブログでのご紹介のみです。アマゾンでは、間もなく購入可能になるものと思っています。本当にありがとうございます。今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。取り急ぎ、御礼とともに。 学芸みらい社・小島直人拝


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑