Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

多くの方に読んでいただきたい当ブログの大学生向け記事が何でバズらないのか考えてみた

拡大機能を勘違い

単なる穴埋め記事だったはずの昨日のエントリ。

心理学を学びたいと思っている高校生向けに書いた3年前の記事がすごく良いのでみんな読むと良いよ(16/01/19)

これが思いの外好評だったことに味をしめて、さらにやっちゃおうかと思っております(←失敗フラグが立った!)。

当ブログのアクセス解析を見ると、各インターネットサービスプロバイダを除くと、様々な大学からのアクセスが目立っております。その中には教員の方もいれば、大学院生もいるでしょうし、もちろん学部生もいると思うんです。んでもって、ほとんどの書籍紹介記事なんかは完全に学部生以上向けなわけです。

それにも関わらず、もっともはてなブックマーク数が多いのが高校生向けの「心理学系学部・学科を志望する高校生の皆さんへ – 「本当にその選択でいいのですか?」」という記事であり、大学生向けの記事が今ひとつバズらないのはなぜなのだろう?と思ってちょっと考えてみました。

いや、全部、ほんと良い記事なのですよ(相変わらず恥ずかしげもなく自画自賛)。

心理学系大学院への進学を考える大学生の皆さんへー学部時代をどう過ごしますか? その1(13/04/12)
心理学系大学院への進学を考える大学生の皆さんへー学部時代をどう過ごしますか? その2(13/04/15)
心理学系大学院への進学を考える大学生の皆さんへー学部時代をどう過ごしますか? その3(13/04/16)
大学院進学?一般企業に就職?(13/04/18)
心理学系大学院の選び方 – 選択のための情報収集の方法(13/04/21)
心理学系大学院の選び方 – 選択の際の考え方(13/04/22)

ねえねえ、みんな何で読んでくんないの?ねえねえ、どうして?(うぜえ)

仮説1:記事の拡散にSNSが寄与しなかった

実はこの説が一番有力なんじゃないかと思ってます。

これらの記事をアップしたのは2013年の前半。確かに当時もTwitterは盛んに使われてましたし、Facebookも十分普及しておりました。

ただ、私が今のブログのテンプレート(テーマ)にしたのが2013年後半で、その辺りからブログとSNSとの連携を意識し出したんですよね。

そんなわけで、せっかく気合いを入れてアップした良記事も思ったほど読まれることなく埋もれていった…みたいなことなんじゃないかと思うのです。

さあ、今からでも遅くないです。皆さん拡散しましょう!(逆効果)

仮説2:ブログでは昔の記事は埋もれていきがち

仮説1とも関連しますが、基本的にブログってのは、最新記事はトップにあるので目に留まりやすいですが、それ以外の記事はなかなか読まれることがありません。

目的を持って記事検索をすれば出てくるということもありますが、そんなに気合いを入れて読んでる人もそんなにいないのですよね。

そして、どんなに良記事であってもバズることなく埋もれていく、と。

まあ、対策としては新生活が始まるくらいの時期に再掲するのがいいのかもですね。うん。今年からそうしよう。

仮説3:実は思ってるほど良記事じゃない

えー、身も蓋もない話ですね。これだけ良記事だ!と主張しているのに、そう思っているのは当の本人だけという。

あれですか?裸の王様ってやつですか?

確かにワタクシ的には自分の大学院生時代は最悪だったというか、我ながら最悪な大学院生だった自覚はあるのですが、だからといって学部生時代がちゃんとしてたかと言われると実はそうでもなかったりするのですよね。

自分でちゃんと過ごせてなかった奴が「学部時代をどう過ごしますか?」なんてチャンチャラおかしいぞ、と。何を上から目線で語ってるんだ、と。

なんか書いてて目からしょっぱい汁が出てきてるんですが…汗?汗かな?うん。気にしない。

まあアレですよ。「反面教師」って便利な言葉もありますし。

とにかく良記事…のはず…だと思う…んだけどなあ…良記事だといいなあ…うーん。

あの…お暇な時で結構ですので、お読みいただけると大変うれしゅうございます。

結論:みんな読んでね!

そんなこんなで、本日ご紹介差し上げた記事も、ぜひぜひ多くの方におすすめいただけたらと思います。

お友達に教えてあげて、お友達もきれいにしてあげましょう。

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑