Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

あのwww美人すぎるwwwwwwあの人が2冊目の本を出版wwwwwwwwwww

一瞬で「できる男」と思わせる心理術

タイトルで草生やしすぎました。反省。

Amazonさんのカスタマーレビューでの評価も高い自身初のご著書『バカ力: 完璧をめざさない強さ』に続き、早くも2冊目の本を上梓されたそうですよ。

テレビで人気の“美しすぎる臨床心理士”山名裕子さんが、対人関係において一瞬で主導権を握れる心理テクニックを伝授します。
「挨拶の仕方」や「商談の切り出し方」といったビジネス・シーンで使えるテクニックはもちろん、デートで女性の気を引くための一言
や雰囲気の作り方など、すぐに使えるテクニックが満載です。
いずれも簡単に使えるテクニックばかりなので、毎日少しずつ実践するだけでできる男の「自信」と「色気」が身についていきます。

プロモーションなんでしょうか?なんか記事が目に入ってきちゃうもので、正直目障りで仕方ないんですが…

美人臨床心理士に聞いた!できる・モテる女性の会話術女性の美肌・美容マガジンLBR

いやー、しかし相変わらず美人すぎwwwwwwwwですねwwwwwwwwwwwwww

そういえば、以前もご著書をご紹介させていただいたわけですが、そちらの方にコメントいただいております。

あの美人すぎる(笑)臨床心理士・山名裕子氏が初著書『バカ力(ばかりょく)』を出版(笑)(15/10/06)

ちょこっと引用しますね。

私はこの美人すぎる臨床心理士の山名大先生の著作を拝読させていただきました。そしてアマゾンレビューをいたしましたところ、いつの間にか削除されていました。星一つで結構客観的に批判したのですが、アマゾンの規約に引っかかったのかそれとも・・・

他の方で星一つだった方が2人ほどおられたのですが、削除されています。今は星5つなレビューばかりです。

2冊目のご著書も今のところ、5つ星のレビューのみですし、あれかな?きっと大先生を批判しちゃいけないということなのかな?

で、ここからは真面目な話。

この方みたいに、資格取得してたかだか数年、臨床経験も恐らく片手に満たない年数の方が、こうやってしたり顔で本を出版したり、「臨床心理士」としてテレビ番組でコメンテーターをしてたり、あるいは個人開業したりしたところで、法的には何の問題もないし、日本臨床心理士会の倫理綱領に抵触することも(多分ギリギリ)ないのです。

それは恐らく、国家資格である公認心理師制度が本格的に導入された後も変わらないでしょう。

でも、こういう方が出てくることを何とか防ぐことって不可能なのでしょうか?

だって、迷惑じゃないですか。こういう方と同業者と思われるのって。自分が持っている資格だったり、自分が就いてる職業がそれほど大したものではない自覚はありますが、さすがにこういう人と一緒にされるのは嫌です。

一番の問題はご本人の意識というか自覚なんだとは思いますが、教育や訓練で何とかすることはできなかったんでしょうかね。

その辺りは、倫理教育を徹底することで、ある程度は防ぐことができると思うのですよ。

経験が浅く能力も足りない臨床家が開業することがクライエントに及ぼす悪影響であったり、メディア上で専門家としていい加減な知識を振りかざすことが自分自身や同業者に及ぼす悪影響だったり、「そんなことまで教えなきゃわかんないの?」って話もあるかもしれませんが、多分、教えないとわかんないんでしょう。

教えてもわかんないのであれば、単位を与えないということはできないんでしょうかね?

その辺り、是非ともこの美しすぎるwwwww山名さんの大学院時代の指導者のご意見をうかがってみたいところです。

あ、あと個人的に前からずーっと気になってたのは、この方のお兄様です。

山名泰正 – カウンセラーのご紹介やまなmental care office

いやー、イケメンですねwwwwwwww

イケメンなのは別にどーでもいいのですが

大学で心理学科を卒業後、大学院でも臨床心理学を専攻。

卒業後は静岡にある父が勤めている精神科病院にて精神鑑定での心理テスト、また精神疾患をもつ方々のカウンセリングなどを主に行い、今に至る。

という経歴で、臨床心理士の資格は取得してないんですね。取得していたら絶対書きますよね。妹さんのように。

「大学院でも臨床心理学を専攻」であり、大学院を「修了」したとは書いてないところが味わい深い感じがします。学部に関しては「卒業後」って書いてますし。

このお兄様の方は、大学院での指導がちゃんと機能してた可能性がありますよね。

そんなこんなで、美しすぎるこの方を見ると、ホントにモヤモヤするよね!という話でございました。

多分あれですよ。チビでデブでブサイクすぎるワタクシの嫉妬なのですよ。

最後に、当ブログは美人すぎる臨床心理士の山名裕子氏を応援しております!(愛ゆえの苦言なのだよというアリバイ作り完了)

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (3件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 秋田大学に同姓同名の先生がいるようですね(教育文化学部こども発達コース)。
    本当にいい迷惑だと思います。

    出身大学などを明示するなどしてくれるなどしてくれないと、近接領域の同姓同名だけにamazonで検索しても混乱して分からないですね。

  2. 以前この方の先著についてアマゾンにレビューを投稿させていただいた所、削除?されたみたいです。他の方もそうだったんですね、苦笑。
    直接の関係者じゃないですが、色々と心理士関係は世界が狭く、良い意味でも悪い意味でも噂が広がりやすいこともあって、色々過去やらなんやら聴こえてきますが…あまり派手になさらないほうが、美貌だけでは通用しなくなった時に安心だと思いますが…

  3. 佐倉市の教会立てこもり事件は、カウンセリング終結トラブルがあった(終結を言い渡された直後の事件)という話がありますね。
    力量不足どころではなく、素人の自称カウンセラーだったのでしょうかね。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑