Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

浅井伸彦 著『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読んでもいないのに批評してみる

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

最初にご注意。記事タイトルにもガッツリ書かせていただきましたが、ワタクシはこの本を読んでおりません。「読んでもいないのに何事だ?」とのご批判もありましょうが、あくまでも「読んでいない」範囲内でのお話ですので、その辺りをご了承いただけますと幸いでございます。

さてさて、かねてからAmazonさんでも近日発売情報を目にして気になっていたのに加え、SNSなどでも情報をいただいておりました、こちらの本。

ついに今月の25日発売だそうで。

公認心理師をめざすいろんなステージの方々に、それぞれきめ細かく展望をお示しします!

ついに成立した公認心理師法。これにより公認心理師という国家資格が生まれることになりました。心理職の国家資格化はこれまでなかったことであり、臨床心理士等の心理関連職や心理学系の学生にとっては大きな出来事です。この本ではこの制度の背景や詳しい解説、他の資格との位置づけの違い、試験制度や将来像などをいち早く解説します。

出版社の紹介ページでは目次が見られますよ。

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版秀和システム

とりあえず一つ言えるのは「先行者利益狙いがあからさますぎてドン引き」というところでしょうか。

「先行者利益」とは読んで字のごとく、「市場にいち早く参入するなど、既に先にいる者たちが得られるメリットのこと」(【ビジネス】先行者利益とは?新規市場は早い者勝ち? – NAVER まとめより)です。

別にいいんですよ。先行者利益を狙うことは、確かに市場原理的には全く問題ありません。

ただ、法律が制定されただけで細かい部分を現実的に詰めていくのはこれからという状況の中で「公認心理師になるには」を語るというのはどうなんでしょ?

大学の養成コースだってまだ準備段階でしょうし、結局現時点でわかるのはネットで得られる程度の情報しかないと思うのですよね。

実際のところ、ネットでは公開できないような情報を持っている人もいるでしょうけれども、それは当然「オフレコ」的な情報にならざるを得ないでしょう。そんな情報、当然書籍に書くことはできないはずです。

ここで「その(=ネットで得られる)程度の情報で果たして1冊の書籍が書けるのか?」という疑問も湧いてくるわけですが、目次を見るとその辺りのヒントがありました。

「第1章 こころの国家資格「公認心理師」とは? 受験資格など概要?」
「第2章 臨床心理士と公認心理師」
「第3章 公認心理師になるまでの道のり ~私の場合、これからどうすればいいの? 現在の属性別「公認心理師」の取得の仕方~」

これらは確かに公認心理師に関する話題です。

しかし、それ以降

「第4章 心理職のしごと ~心理査定、心理療法とその他の職務~」
「第5章 心理職の働く領域」
「第6章 日本の心理学・カウンセリングに関する資格」
「第7章 海外の心理学・カウンセリングに関する資格や状況」
「第8章 現役心理士インタビュー」

と、心理職全般、あるいは現行の臨床心理士資格を含む心理職の資格全般に関する話に終始しております。

この段階でこの本を書いちゃうあたり、少なくとも度胸はある方なのかなと思いますが……。

そういえばこの方、同じ出版社から臨床心理士試験対策本も出してるんですよね。

Amazonさんの著者ページってのもあるんですが『快速マスター中国語』という語学関係の書籍がトップに来てるんですよね。

そして、自分も業績に関しては他人のことをどう言えるような立派なもんじゃないんですが、CiNiiで調べたところおそらく第一筆者としての研究論文はなさそうな感じです。

うーん…先行者利益狙いというか、なんかあからさまな儲け主義の匂いがプンプンしてくるんですよねえ。そう感じるのはワタクシだけでしょうか?

とりあえずネットで情報収集できない人にとっては役立つ本かもしれません。

以上、あくまでも「読んでない」一個人の批評でございました。くれぐれも「こいつは読んでない」ということをご考慮の上、興味がある方はポチっとどぞー。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (6件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ロテ職人こと◯◯様

     浅井です。申し上げたとおり、ツイッターではなくコメント欄でお送りさせていただきます。

    こちらについてですが、
    >Twitterでのやり取りではない方がいいということではなく、気づかずに私物化していたことをどうお考えなのかうかがいたいということです

    前のツイートで、
    >浅井さんが否定されるならそれはそれでいいんでしょうけれども、私とは同意見の方もいるかもしれません

    このように発言されておられます。「同意見の方もいるかもしれません」ということは、ロテ職人様も「私物化という認識はございませんでしたが、そういう考えもありますね。」という、あくまで捉え方の違いという浅井の意見に同意いただいているということではないでしょうか。
    にもかかわらず、なぜ「気づかずに私物化していたことをどうお考えなのか」という断定での問いかけになるのでしょうか。

    一方がハンドルネームで、もう一方が実名というのは気持ち悪いですね。もう一つ、先日お送りした内容の一部を投稿いたしますので、コメント欄が参照できるか確認させていただきたいと思います。
    (もちろんこのコメントは、コメントとして残す必要はありませんので、ツイッターの続きの返信内容としてお受取りください)

    一般社団法人国際心理支援協会
    浅井伸彦

  2. ロテ職人様

    たいへんお世話になります。「公認心理師になるには」の著者の浅井です。この度は、拙著をブログに取り上げていただきありがとうございます。「先行者利益狙いがあからさますぎてドン引き」と忌憚ないご意見をいただき、ありがとうございました。十年以上前よりブログは存じあげておりますので、ご高名なロテ職人様のブログに取り上げていただいたことは、「ある意味」感動物でございます(ドン引きされていますが)。Remeさんやcotreeさんにもご掲載いただいているので、もう少し早く発見されるかと思いましたが、意外と見つかっていなかったようですね。さすがに今回の書籍では、ある程度予想はしておりました。

    >ただ、法律が制定されただけで細かい部分を現実的に詰めていくのはこれからという状況の中で「公認心理師になるには」を語るというのはどうなんでしょ?
    >大学の養成コースだってまだ準備段階でしょうし、結局現時点でわかるのはネットで得られる程度の情報しかないと思うのですよね。

    こちらに関しまして、確かにおっしゃるとおりで、執筆当初から気にしているところではございます。そして刊行の目的に関しましても、できるだけ明確にしたつもりです。(Twitterアカウント @IPSA_psychology、あるいは表紙の文言、書籍内参照)

  3. 名前隠していらっしゃるのに、公開しちゃって大丈夫ですか?
    こちらは気を使って、「(もちろんこのコメントは、コメントとして残す必要はありませんので、ツイッターの続きの返信内容としてお受取りください)」と書いたのですが。

  4. ロテ職人様

    たいへんお世話になります。「公認心理師になるには」の著者の浅井です。この度は、拙著をブログに取り上げていただきありがとうございます。「先行者利益狙いがあからさますぎてドン引き」と忌憚ないご意見をいただき、ありがとうございました。十年以上前よりブログは存じあげておりますので、ご高名なロテ職人様のブログに取り上げていただいたことは、「ある意味」感動物でございます(ドン引きされていますが)。Remeさんやcotreeさんにもご掲載いただいているので、もう少し早く発見されるかと思いましたが、意外と見つかっていなかったようですね。さすがに今回の書籍では、ある程度予想はしておりました。

    >ただ、法律が制定されただけで細かい部分を現実的に詰めていくのはこれからという状況の中で「公認心理師になるには」を語るというのはどうなんでしょ?
    >大学の養成コースだってまだ準備段階でしょうし、結局現時点でわかるのはネットで得られる程度の情報しかないと思うのですよね。

    こちらに関しまして、確かにおっしゃるとおりで、執筆当初から気にしているところではございます。そして刊行の目的に関しましても、できるだけ明確にしたつもりです。(Twitterアカウント @IPSA_psychology、あるいは表紙の文言、書籍内参照)

    >この段階でこの本を書いちゃうあたり、少なくとも度胸はある方なのかなと思いますが……。

    ありがとうございます。

    >Amazonさんの著者ページってのもあるんですが『快速マスター中国語』という語学関係の書籍がトップに来てるんですよね。そして、自分も業績に関しては他人のことをどう言えるような立派なもんじゃないんですが、CiNiiで調べたところおそらく第一筆者としての研究論文はなさそうな感じです。

    ロテ職人様も、CiNiiでは少なくとも査読論文が1件しか出てきませんでした。見つかっていないだけかもしれませんが、実際のところいかがでしょうか。一度日心臨でお顔を拝見したことはございますが、ご挨拶はまだできておらず失礼いたしました。
    「快速マスター中国語」と「快速マスター韓国語」という書籍は、最初に書いた商業出版の書籍ですが、44,000部と10,000部と、特に中国語の方がお蔭様を持ちましてロングセラーになっています(良すぎるほど評価をいただいています)。元々語学を学びながら、臨床心理学を専門としておりました。日本では、スペシャリストに対してジェネラリストというだけで「うさんくさい」とされるきらいがあるように思えますが、そもそも2〜3種類の異なる書籍を書けば、本当の意味で「うさんくさ」くなるかというと、そのようなエビデンスはございません。

    論文についてですが、これまでは学会発表こそ行っているものの、自身で査読付きの論文を書くには手が回らず、大学教員の研究補助や大学紀要の投稿のみにとどまっていました。毎年、学会や研修会、研究会(専門は、家族療法・ブリーフセラピー・EMDR関係)にはできるだけ顔を出し、常に臨床については自分なりに研鑽をしているところです。また、そろそろ学術誌への投稿論文も視野に考えていますので、どうぞお見知り置きをいただければと存じます。

    >うーん…先行者利益狙いというか、なんかあからさまな儲け主義の匂いがプンプンしてくるんですよねえ。そう感じるのはワタクシだけでしょうか?

    こちらに関しては、意見を述べさせていただきたいと思います。「先行者利益」であることは、客観的事実からも言えるわけですが、「あからさまな儲け主義の匂い」はプンプンいたしません。何をするにもお金はかかわってはきますので、完全無償のボランティアで全く収入を得ない聖人であるわけではありませんが、下記のようなことを考えております。

    世の中には、精神分析やユング心理学、パーソンセンタード・アプローチ以外にも、数多くの心理療法があります。家族療法やEMDR、対人関係療法など、アメリカでは多く用いられているアプローチも、日本ではあまり脚光を浴びていないように思われます(認知行動療法でさえ、日心臨などではほとんど見られないように)。そういった様々な心理療法を広めていく中で、国家資格の創設は大きなチャンスと考えております。従来の力動的心理療法との対立構造ではなく、様々な心理療法が日本中に知れ渡り、現在は情報弱者であるクライエント自らが、自由に選択できる時代になればと願っております。

    たいへん拙い書籍ではございますが、拙著のうち他の書籍もご覧いただければ、そのあたりが少し垣間見えるかもしれません(幅広い心理療法の紹介など)。この内容もブログのネタにされるのかもしれませんね。

    以上、ロテ職人様に最初にお送りしたメールです。(「それでは、今後ともどうぞよろしくお願い致します。」の部分は削除しました)以降はメールでご連絡ください。

  5. 浅井氏の同業の教育(語学学校)に携わっている者です。最初にお断りしておきますが、当方は心理職ではありません。

    誤解があるようですが、現在日本は大変な出版不況にあり、本が以前ほど売れていません。著者側からみると、出版は、執筆や校正などに過大な時間と手間がかかる割には収入が少ないのが現状です。特に、臨床心理士指定大学院入試対策本等の心理系の本は、語学系の本に比べて読者層が限られているため、発行部数が少なく、ロテ職人様が仰るような「先行者利益」などないという点をご承知ください。

    浅井氏が英語、中国語、韓国語等の語学系の本を出している点については、研究者にとって語学力は先行研究サーチや学会・論文発表をするうえで必須のツールであり、心理と語学の間にブレはないものと当方は考えます。

    出版不況のため、出版社は、売れる本を書ける著者に執筆を依頼する傾向がますます強くなっています。この現状で多数の著書をコンスタントに出し続けている浅井氏は、出版社から見て「売れる」著者であることは間違いありません。語学系の本で、しかも第2外国語の中国語の本で5万部近く売れるのはきわめて異例です。

    最後になりますが、出版の企画は著者より出版社が出すほうが多いです。ロテ職人様による浅井氏に対するコメントは、そのまま出版社に対するコメントとして解釈される虞がありますので、その点はお気を付けください。

  6. 先に出している以上、「先行者利益」を得ている事は間違いないのに
    別に、利益得ることは悪じゃないんだから好きにすれば良いじゃないか
    そこを否定してどうすんのよ
    それこそ「後ろめたい」と思っている事の証左のように見えるんだが

    個人的には、カウンセリングルームを2つも経営したり、語学教室開いたり、よく分からん協会作ってみたりする人には不信感あるかなあ
    他の職場でクライアントが来たらどうすんのと思う、ネットに自分から顔写真まで掲載しているけど
    きな臭すぎて調べる気にもならんが、全体的に阿漕な商売している雰囲気しかしないな

    ※ロテ職人注
    以下差別的発言のため削除させていただきました。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑