Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

さて、昨日のエントリの続きです。

未読の方はまずは過去ログからどうぞ。

浅井伸彦 著『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読んでもいないのに批評してみる(16/02/22)
『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読む前に著者の浅井伸彦氏からのメッセージに返信してみる @IPSA_psychology(16/03/03)
『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その1(16/03/15)

そして参考リンクも是非お読みください。特に一番最後。著者である浅井伸彦氏のコメントは必読です。

公認心理師の受験資格や経過措置ってもう決まったの?【Reme's News】Reme(リミー)
ご注意!心の国家資格「公認心理師」は細目未定ですアゴラ 言論プラットフォーム
「公認心理師」国家資格に関する私的見解MEDI心理カウンセリング大阪

さてさて、昨日は「読者に誤解を生じさせる可能性があるため、現時点で『「公認心理師」になるためには』なんて本を出すこと自体がNG」「結局、この本ってあからさまな(筆者自身のサイトや予備校への)集客目的だよね」という話をさせていただきました。

本日は浅井氏の「私的見解」にある、「B2.公認心理師というまだ”イロ(色)”がないものに、心理学の多様性を持たせるとっかかりとして」の部分に触れていきたいと思います。

”イロ(色)”って何さ?

浅井氏の言うところの”イロ(色)”。「B2.公認心理師というまだ”イロ(色)”がないものに、心理学の多様性を持たせるとっかかりとして」という文言を読んだだけでは全く意味がわかりませんね。

そんなわけで本文から引用させていただきます。

「臨床心理士」という資格のイメージは、一般に対して、理論としては精神力動系のイメージが色濃く、そこにロジャーズのパーソン・センタードアプローチ(あるいは来談者中心療法)による”傾聴”イメージが付随しているように思われます。その他、認知行動療法や家族療法、ブリーフセラピー、対人関係療法、EMDRといった理論的イメージはほとんどありません(臨床心理士自身ですら、そうかもしれません)。

…えーと、いつの時代の話をされているのですかね?

15年、20年前ならまだしもここ数年の業界の状況を考えると、そうした見方、捉え方自体が時代遅れなものであると言わざるを得ません。そういう「狭い」「古い」臨床心理士観をお持ちの方もいるかもしれませんし、実際のところ自分の専門領域については当然のことながら深いレベルで修めているのは当然ですけれども、自分の専門以外の領域についてもまたその道の専門家がいるのはほとんどの人が知ってると思うんですが。

とりあえず浅井氏の周りはそうじゃなかったのかもしれませんが、まあそれは不幸ことであり、それを過度に一般化するのはいかがなものかと思われます。

 とはいえ、精神力動系や人間性心理学を否定するわけでは全くありません。「公認心理師」という国家資格では、「理論的立場や心理療法には多様性がある」ということを知ってもらえるきっかけにしたいと考えています。そのことによって、「ちょっと合わないかも」と思った方が、そこでカウンセリングを受けることを諦め、やめてしまうことなく、自分に合った心理療法・セラピストにアクセスできるような世の中になればと願っています。

このあたりからもう壮大にズレてる感が出てきております。

クライエントが「ちょっと合わないかも」と思ってドロップアウトすること、あるいは受けるのをためらうことの原因を「理論的立場や心理療法には多様性がある」ということを知らないからということに帰属するわけですね。

受けるのをためらうのは「理論的立場について知らないから」ということよりも「カウンセリングや心理療法を受けることに対してどんなイメージを持っているか」ということの方が影響が大きいでしょうし、ドロップアウトについては単純にその臨床家の力量によるところが大きいと私なんかは思うんですが、少なくとも浅井氏は異なる考えをお持ちのようです。

想定される読者は誰?

さらに引用を続けます。

 インターネットを用いた情報社会となり、その情報をどのように扱うかは、利用者側のリテラシーに左右されてしまいがちです。一般の方々が、「心理療法の多様性」に関する情報に、平等に触れる機会を作るには、国家資格の創設というこの時期を逃してはいけないと考えました。唯一素晴らしい心理療法というものは存在しません。

「唯一素晴らしい心理療法というものは存在しません」ということには同意します。

で、「一般の方々が、「心理療法の多様性」に関する情報に、平等に触れる機会を作る」というあたりが、浅井氏の言うところの”イロ(色)”をつけていくということになるんですかね?

そうだとすると、以前のエントリ、『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読む前に著者の浅井伸彦氏からのメッセージに返信してみる @IPSA_psychologyでも書きましたが、公認心理師資格取得希望者向けの本ではなく、クライエント向けの本に書けばいいのでは?と思うんですが。

私の中で「一般の方々が、「心理療法の多様性」に関する情報に、平等に触れる機会を作る」というお題目と、この『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには `16~`17年版』のp.66〜71の数ページにどこからかコピペしてきたような各種心理療法の紹介が掲載されていることとが、論理的に全く結びつかないんですよね。

これ、一体誰に向けた本なのでしょうか?

…と考えていくと

ただ、「多様な心理療法の選択機会を提供し、その中から利用者自身に選んでもらう」 ということを進めていきたいと考えています。

このご大層なお題目がとってつけたような物にしか思えなくなってしまいます。

何でこの本をあなたが書いているの?

そういえば、浅井氏の「大きな葛藤」としてこんなこともあったそうな。

A2.公認心理師という国家資格に関する本を、自分のような立場で刊行することの是非

この「大きな葛藤」はどう解決された上で刊行に至ったのでしょうか?

そしてこんなことも書かれておりますね。

もちろん、全ての心理療法に対し”完全に平等”に伝えることはできません。やはり、これまで同様、声の大きい(数の多い)理論的立場が最も目立つでしょう。また、どうしても執筆する者の好みによって左右される部分はどうしても出てきてしまいます。ただ、思いとしては、多様性のある心理療法をできるだけ平等に伝えたいところです。

本気でそう思っているのならば、その「大きな葛藤」を解決する簡単な方法はありますよ。

その方法、ご存知なさそうなので教えて差し上げましょう。

自分の専門分野以外の領域については、その道の専門家に書いてもらう

これだけです。「分担執筆」にすればいいだけの話です。

各領域の専門家で分担執筆すれば「声の大きい(数の多い)理論的立場が最も目立つ」「どうしても執筆する者の好みによって左右される部分はどうしても出てきます」といった問題は簡単に解決します。

こんな簡単なこと、浅井氏は思いつきもしなかったのでしょうか?

そしてここで浅井氏に問いたいと思います。

浅井氏は公認心理師資格に関する専門家なのですか?と。

著者の浅井氏はどうすべきだったのか?

この本を送っていただいてから色々と考えたんですよ。

もし自分が浅井氏の立場だったらどうしたかなあ」と。

本の企画が出版社側からのものだったのか、浅井氏自身からのものだったのかはわかりませんが、とりあえず自分だったら前者の場合は断りますし、後者の場合はそもそも思いついても実行はしないと思います。

ただ、どうしても刊行せねばならず本気でこの本を有意義な内容にしたいと思ったら、おそらく資格問題の専門家に執筆をお願いします。

資格問題の専門家はたくさんいるはずです。

日本臨床心理士会や日本心理臨床学会で資格問題に長く関わってこられたベテランの先生はたくさんいますし、その他のいわゆる三団体にもエキスパートは多いでしょう。

もしベテランだけではなく、若い臨床家の意見も聞きたいということであれば、公認心理師推進ネットワークのメンバーであれば、公認心理師法の成立のために実際に活動されてた方や法案についてしっかり読み込み勉強し、それこそ研究してる方もいます。

ただ、その企画を提案したところでおそらくまともな専門家は現時点でこの手の本を刊行しようとは思わないでしょう。その理由はすでに何度か述べているのでおわかりいただけているかと。

とにかく、私は浅井氏は自分で書くのではなく、専門家の手に委ねるべきだったと考えます。

そうしなかった理由は…簡単ですよね。自分が書かなければ、浅井氏に利益が全くないからです。

利益を求めることを否定はしません

我々心理臨床家が、自身の専門性を高めるために研鑽し続けるのは、とにかくお金が必要です。

それ以外の日々の生活であったり、家族を養うためであったり、利益を求めることは当然のことだと思います。

ただそれは「心理臨床家あるいは研究者として自分の得た専門知識や専門技術を用いて」ということが前提となります。

したがって、今回の浅井氏のように、ネットの情報のコピペで書けるような志の低い本については非難(批判ではありません)されて当然でしょう。

これほどの短期間で刊行に至ったこと、ご自身で運営されているサイトや予備校の情報への誘導に使っていること、そして専門家の手に委ねるのではなく単著で刊行されたことなどから、この本は「先行者利益」を求めることしか目的がないというのが明白です。

“「先行者利益」を求めること”が問題なのではなく“「先行者利益」を求めることしか目的がない”のが問題なのです。

おわかりいただけましたでしょうか?

本の感想は終わりましたがまだまだ続きます

今回の件で、浅井氏の周辺のことをネット上でわかる範囲で色々調べてみましたが、その中で以前ご紹介したオンラインカウンセリングのcotreeさんんのカウンセラーとして彼が登録していることを知りました。

メンタルヘルスケア事業者の集まりにお招きいただいて自分とネットとケアとの関わりについて改めて考えてみた(前編)(15/10/16)
メンタルヘルスケア事業者の集まりにお招きいただいて自分とネットとケアとの関わりについて改めて考えてみた(中編)(15/12/08)
メンタルヘルスケア事業者の集まりにお招きいただいて自分とネットとケアとの関わりについて改めて考えてみた(後編)(16/01/07)

あと私がその立ち上げや企画にちょこっと関わっているReme(リミー)さんでも、浅井氏が色々書いてたりするわけです。

今回の件を通じて、これらのネットサービスに関しての私の認識に変化があったのですが、これまた長くなりそうなので別エントリで述べたいと思います。

引き続き皆様のご意見もお待ちしております。

ロテ職人(@rotemeister) – Twitter
ロテ職人の臨床心理学的Blog – Facebookページ

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (3件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 浅井です。3記事とも拝読しました。
    個人のご感想のところは、色々な感想を持たれる方もおられるでしょうから、要点だけお伝えいたします。

    [出版時期が早すぎることについて]
     「早すぎる」という意見も少なくなく、様々な反響を受けまして、現時点ではやはり自身でも早すぎたかとの印象はございます。ただ、拙著に全く価値がないかというと、ある一定の意義があるとは考えております。

    [著者が他の人であるべきという意見について]
     表現の自由があるので、悩みながらも今回出版し、想定よりもこのようなかなり大きな反響を頂きました。自由があるとはいえども、これまで尽力されてきた上層部の方々に対して、より礼節を重んじるべきであったと考えております。上層部の方々におきましては、こんな若輩者がこのような早い時期に書籍を刊行し、お騒がせをしてたいへん失礼いたしました。

    [「先行者利益」について]
     こちらで述べさせていただいている「先行者利益」は、金銭以外の部分の「公認心理師の認知度を上げるきっかけを作れる」という利益です。もちろん金銭がなければ活動もできませんので、多かれ少なかれ必要ではありますが、儲け主義ではございません。
     トップページの予備校バナーや、Google AdSense広告はかなり前からあったのですが、儲け主義に見られる要因として今回貴重なご指摘をいただきましたので、本日削除させていただきました。貴重なご意見ありがとうございました。
     
    [利用者が、定期的にページにアクセスして情報をアップデートできるか]
     できる方もおられるでしょうし、できない方もおられるかと思います。一つの道標としてはある一定の意義があると考えております。

    [ドロップアウトの原因]
     「カウンセリングに対し、どんなイメージを持っているか」「臨床家の力量によるものが大きい」ということはおっしゃるとおりです。ただ、多様性があることが知られていれば、ドロップアウト後の選択肢の幅は広がりうると考えております。

    [誰に向けての本なのか]
     一般向けの本に書くべきだということも、確かに正しいと考えております。ただ、拙著を心理学に興味がある方も読むことを見据えていたことと、何より公認心理師になりたいと思う人が広く知ることで提供できる側(心理士側)も、様々な心理療法を新たに学ぶきっかけにしてほしいとの思いもあったことから刊行いたしました。

    なお、Twitterでのやりとりに関しましても、「使う言葉を誤った」ことが「意見をコロコロ変えて」いると捉えられたことが不思議です。「意見を変える」と「言葉を誤る」は全く異なります。ロテ職人様も、Twitterで”information”を”imformation”と間違えられたように、人間ですから間違えることはあるかと思います。これ以上続けても建設的ではなく、誰の得にもならないと思いますので、そろそろ終わりにさせていただきたいと考えております。ご批判はご批判として真摯に受け止め、今後誠実に対応させていただきたい所存です。

    またそれに加えて、周りの先生方からも「これ以上やりとりをしないよう」薦められておりますので、これをもって最後の言葉とさせていただければと存じます。

    どうぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

  2. >またそれに加えて、周りの先生方からも「これ以上やりとりをしないよう」薦められておりますので、これをもって最後の言葉とさせていただければと存じます。

    煽り耐性皆無、乙です
    前回もそんなこと言ってた気がするけどなあ
    完全放置してたらここまで事が大きくならんかったのに、もはや手遅れ感もある
    それをわざわざブログのコメント欄にまで書き込んでまで燃料補給してくれるなんて、なんて素晴らしいんでしょうか(皮肉)
    ここまで来ると、自己弁護と言うより自己破壊行為に見えてしまう不思議
    あるいは、こういう人を助けようと色々な人が集まってくるのかもしれない
    まるで、海で溺れてどうにもならなくなってしまっている人を助けるかのごとく

    実名も、顔も、職場までネットに公開しているのに、どうしてここまで色々できるのか分からない
    「相手を納得させたい」「自分の潔白さを証明したい」という動機を達成するためだけに、他の重要な事柄を犠牲にしているように思える
    現実検討力が低下しているのかも知れない
    こういうやり取りを自分のクライアントなどには見られたくはないだろうに

  3. このA氏は自己弁護の言い訳も見苦しいですね。

    コメント等をみても自身の問題性に気づいているようには感じられません。

    例のY名氏もそうですが、おかしな人に対してハッキリと声をあげて批判をするということを地道に継続することが大切だと思います。

    ロテ職人さまだけでなく、わたしたち一人ひとりが他人事としないで、コメント欄や各自の方法を使って発信していきたいものです。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑