「研究と臨床」 一覧

大学入試で旧帝大に入るくらいの知的能力がない人は心理職は目指さない方が良い?

そんな暴論、誰が放った? 「大学入試で旧帝大に入るくらいの知的能力がない人は心理職は目指さない方が良い」 こんな乱暴なことを言う輩がいるんですね。一体誰ですか? はい。私です...

続きを見る

金子書房さんが「心理検査職」の募集をしてます

昨日、Twitterでもつぶやきましたが、心理アセスメント関連の書籍の出版で(私の中では)有名な株式会社金子書房さんが「心理検査職」を募集してます。 ・採用情報 - 株式会社 金子書房 ...

続きを見る

非心理系学科卒で臨床心理士指定大学院に入るのに心理系学科への編入・学士入学は必要か?

読者の方のメッセージから 先日、読者の方からメールフォームにてメッセージいただきました。ありがとうございます。 いただいたメッセージの主旨をまとめますと、非心理系学科卒(隣接領域で...

続きを見る

研究の対象者をブログで募集することの問題点

何年前のことだろうか… 遥か昔…と言っても、このブログを始めて数年くらいの頃ですが、表題の件についてある方と揉めたことがありました。 そして本日、同様の案件、つまり研究対象者を募集...

続きを見る

臨床家として、研究者として、どのように生きていくのかということ

ためになった勉強会。来年度も参加するかどうか… 今年度、月1で開催される某勉強会に参加させていただきました。 体調不良やどうしても都合がつかなかったりして、何度か休んだこともあった...

続きを見る

それでも心理臨床家が「理論」や「根拠」にこだわらねばならない理由 @39you1さんのつぶやきへの返信

@39you1さんのつぶやきから 14/01/27のエントリ、「最終学歴=博士後期課程中退」な私が「博士課程修了の何がどう臨床業務に貢献しうるか」を考えてみるに対して、@39you1さん...

続きを見る

臨床心理士か心理学者を目指している中学生“high_bridge_t”さんの質問に答えてみる

※画像はイメージです。 中学生の読者からいただいた質問 昨日のエントリ、「最終学歴=博士後期課程中退」な私が「博士課程修了の何がどう臨床業務に貢献しうるか」を考えてみるに「臨床心理士か...

続きを見る

大学院入試の面接で「○○を学びたい」と発言するのは良策なの?

大学院入試失敗の思い出 何度かこのブログでは書いていますが、私は一度大学院入試に落ちて、1年間研究生をやったのちに志望大学院に入りました。 その原因ははっきりしていて、単に勉強不足...

続きを見る

7ねんまえにぼくがかんがえたさいきょうのりんしょうしんりしようせいかてい

昨日、Twitter上で、心理職の国資格創設を踏まえた養成課程に関する議論をさせていただきました。それについては近いうちにまとめてみたいと思うのですが、ふと思い出したのです。 「そういえ...

続きを見る

臨床心理士が研究するということ(2)──臨床実践における科学的思考

13/06/07のエントリ、臨床心理士が研究するということ(1)──研究と臨床実践はどう繋がるのか?の続きです。 前回は研究と臨床実践との繋がりを考えた時、「なんとなく」の研究も「なんと...

続きを見る

心理臨床家も研究すべき…ではなく心理臨床家「こそ」研究すべきたった一つの理由

【心理学コラム】の土曜日 このブログを読んでらっしゃる臨床家の皆さん、研究してますか? 最近、何人かの臨床家の方が「あまり研究する気はない」「普通は院を出たら研究なんてしない」みた...

続きを見る

臨床心理士が研究するということ(1)──研究と臨床実践はどう繋がるのか?

かなり昔、一度語りつくしたところではあるのですが、改めて過去ログを読み返してリライトしてみたいと思います。結論は同じになってしまうかもしれませんがご容赦を…。 その過去ログはこちら。 ...

続きを見る

来年の日本心理臨床学会第32回秋季大会では口頭発表が廃止される件 その3

さらに続きます。過去ログを未読の方はまずはそちらから。 ・来年の日本心理臨床学会第32回秋季大会では口頭発表が廃止される件(12/11/13) ・来年の日本心理臨床学会第32回秋季大会では口頭...

続きを見る

来年の日本心理臨床学会第32回秋季大会では口頭発表が廃止される件 その2

昨日の続きです。未読の方はまずはそちらから。 ・来年の日本心理臨床学会第32回秋季大会では口頭発表が廃止される件(12/11/13) さて、昨日も申し上げましたがTwitter上ではこの件...

続きを見る

来年の日本心理臨床学会第32回秋季大会では口頭発表が廃止される件

既に会員の皆様には第一報が届いていることと思います。 来年の日本心理臨床学会第32回秋季大会は東京大学大学院臨床心理学コースを主催校、下山晴彦氏を実行委員会委員長とし、パシフィコ横浜にて開催され...

続きを見る

カウンセリングの効果研究本。そして臨床家として必要なもの

12/09/15のエントリ、【日心臨2012】新幹線間に合った #ajcp2012にて山本山さんからこんなコメントをいただきました。 山本山 12-09-27 (木) 18:08 こん...

続きを見る

【日心臨2012】忘れないうちに学会の感想を書いておこう #ajcp2012

なんかもうあっと言う間に学会から2週間近く経ってるのね。びっくりっすわ。 そんなわけでちょっと久しぶりに学会発表してみた感想を書いてみたいと思う次第であります。 とりあえず一つ思ったのは「...

続きを見る

やっぱり自分は「心理臨床学」に違和感があるのだなあ

12/07/03のエントリ、心理臨床学会の学会誌バックナンバーにまつわる色々とかでもちょこっと触れましたが、先日、日本心理臨床学会の会員の皆様には『心理臨床学研究 論文執筆ガイド』なる冊子が届いたこと...

続きを見る

心理臨床学会の学会誌バックナンバーにまつわる色々とか

日本心理臨床学会の会員の皆様におかれましては、既にお手元に『心理臨床学研究 論文執筆ガイド』なる冊子が届いていることと思います。そちらの中身に関してのツッコミはとりあえず置いておきまして、今回取り上げ...

続きを見る

日本精神神経学会の緊急声明を読んで思ったこと

4月20日に出された文章ですので、既にご存じの方も多いかと思います。 こちら。 東日本大震災被災地における調査・研究に関する緊急声明文(pdf) 一部引用。 「心の状態に関...

続きを見る

「研究」と「講演会」どんな関係があるんだろう?

こちらの本を出されてる関根友実さんという方。 アレルギー・マーチと向き合って関根 友実 朝日新聞出版 2009-03-06売り上げランキング : 7008Amazonで詳しく見る by G-T...

続きを見る

心理学の研究と例の事業仕分けのことなどなど その2

2009/11/20 | 研究と臨床

一昨日のエントリ、心理学の研究と例の事業仕分けのことなどなど その1の続きです。未読の方はまずはそちらからどぞー。 …つか、なんか言いたいことはほとんど言っちゃったような気がしないでもないわけなのです...

続きを見る

心理学の研究と例の事業仕分けのことなどなど その1

2009/11/18 | 研究と臨床

先日、某所で展開していた議論をボーッと眺めながら(あ、一応クローズドな環境でのことでありその内容については書きませんのであしからず)考えてたりしたこと。 当ブログでは何度も書いてきたことではあるのです...

続きを見る

「研究論文を書く」ということ

2009/01/17 | 研究と臨床

なんかものすごく壮大なタイトルをつけてしまいましたが、そんな大それた話はしませんよ…と先に断っておく。いや、そもそもロテ職人ごときにそんな大それた話ができるなんて、読者の皆様も期待はしていないでしょう...

続きを見る

自己愛の傷つきを避けるために研究しない人と自己愛を満たすために研究する人

2007/10/22 | 研究と臨床

関連するっぽいエントリは多分こちら。 ・臨床経験長いけど業績ゼロってヤバくね?(06/08/16) ・臨床経験長いけど業績ゼロって人にとっての「批判されること」(07/09/03) 上記リンク先では「...

続きを見る

臨床経験長いけど業績ゼロって人にとっての「批判されること」

2007/09/03 | 研究と臨床

なんだかもうタイトルでほとんど言いたいことが見えちゃう感じですが…とりあえず、下記過去ログを未読の方はまずはそちらをどぞー。 ・臨床経験長いけど業績ゼロってヤバくね?(06/08/16) そして最近の...

続きを見る

大学ってすごいところだよ

2007/08/31 | 研究と臨床

以前、全く同じようなことを書いたような気がしないでもないのですが、やはりまた同じことを思ってしまったので書いちゃいますよ。 ・・・・・・・・・・ 先日、文献を集めるために母校の図書館に行ったんですよ。...

続きを見る

批判(正当な)とアカデミックハラスメント

2007/08/29 | 研究と臨床

とりあえず未読の方は以下のエントリとコメント欄でのやりとりをお読みくださいませ。 ・「批判」と「誹謗・中傷」は当然違います(07/08/10) ・大学院教育の意義-批判すること・されること-(07/0...

続きを見る

大学院教育の意義-批判すること・されること-

2007/08/20 | 研究と臨床

我が国において、心理職を養成するために修士課程修了というのがスタンダードなコースになりつつある昨今ですが、当ブログでは何度かその意味について考えてきました。 その辺はたぶん「研究と臨床」のカテゴリーの...

続きを見る

今やってる研究について思うところ

2006/11/12 | 研究と臨床

過去ログ、臨床心理学徒にとって必要な「研究能力」とは?(06/11/03)、【独創性よりは】臨床心理学徒にとって必要な「研究能力」とは その2【創造性?】(06/11/07)の続きと言いますか補足。 ...

続きを見る

看護研究再び

2006/11/10 | 研究と臨床

(※FMラジオのDJ風に)はーい、じゃ、次のお便りいってみよーかー。 看護研究に悩めるナースKIKO139さんからのお便り。 ナースって言葉がそそるよねHAHAHA! はじめまして。いきなりなん...

続きを見る

【独創性よりは】臨床心理学徒にとって必要な「研究能力」とは その2【創造性?】

2006/11/07 | 研究と臨床

06/11/03のエントリ、臨床心理学徒にとって必要な「研究能力」とは?のコメント欄でデスマさんからこんなコメントいただきましたよ。 問題は、その「独創性」の程度というか、 中身の問題のような気がし...

続きを見る

臨床心理学徒にとって必要な「研究能力」とは?

2006/11/03 | 研究と臨床

あんまり狭く定義する必要はないと思うんですが…。 つきつめて考えると「論理性」と「独創性」ってことだけで十分なような気がします。 論理的に破綻していなくてどこかに独創性があれば、研究というのはそれで成...

続きを見る

なんか勝手に決めつけてる?ような気がしないでもない

2006/10/26 | 研究と臨床

こんなブログを発見しましたよ。 nhiro's biopsychosocial blog 書かれている方は「研究職員(薬理学/心理学)」だそうで…。薬理系の実験をやってる人?とか思ったのですが、どうも...

続きを見る

研究について色々ともの思ふ秋

2006/09/30 | 研究と臨床

結構前に届いた「心理臨床学研究 24 特別号 日本心理臨床学会創設25周年記念特別号」をぼへーっとしながらパラパラめくっておりましたら「第I部 特別寄稿:学会賞歴代受賞者より」の中にれーこタ…いやいや...

続きを見る

【日心臨参加記録】ワークショップ参加【1日目】

2006/09/15 | 研究と臨床

いよいよ学会1日目。 ※全然関係ないですが、この画像を撮るのは結構緊張しました。お昼休みでしたが、人がひっきりなしにやってくるので…。端から見たら怪しい人じゃないですか。 今日は10:00-17:0...

続きを見る

【誰か】博士課程の学生がいない大学院ってどうなの?【教えて】

2006/05/24 | 研究と臨床

ぶっちゃけて聞いちゃいます。博士課程の学生がいない大学院ってどうなんでしょうか? …ということを考えたのはこのブログのこのエントリがきっかけでした。 ひろぼうCP日記:大学 かなり気になったので私...

続きを見る

「データをムダにしない」ってことから考えてみる

2006/05/01 | 研究と臨床

これから卒論のための調査・実験をしようという人たちへ(これから修論って人はさすがにこの辺は大丈夫…だと思いますが…)。これは研究について具体的にどこまで言及するのか?(06/04/18)のコメント欄で...

続きを見る

研究について具体的にどこまで言及するのか?

2006/04/18 | 研究と臨床

少し前、ある学生さん(心理系の院生)が書かれているあるブログでコメントしました。 勝手にネタにしてしまってごめんなさいなのですが、やはりどうしても書きたくなってしまったので… 体調が悪いようでしたら、...

続きを見る

【誰か】研究インフラの整備が必要だと思う【やらないか?】

2006/04/06 | 研究と臨床

※本日22:00追記あり。本文末 セーイチさんのブログ、発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版の昨日のエントリ、使えない図書館を読んで思ったこと。 セーイチさんは 今年度から大学に勤め始めたんで...

続きを見る

【論文】まったくとんでもない話【代行】

2006/03/29 | 研究と臨床

認知心理学者であり大学教員である荷方さんのブログ、荷方の「不定記」の本日のエントリ、Unhappyなキャンパスを読んで驚きました。最近はこんなサービスがあるんですね。 ハッピーキャンパス サービス...

続きを見る

学会の感想など

2005/10/31 | 研究と臨床

学会の感想などいくつか… ■ワークショップは…もう2,3、質問したい事項があったのだけれども、さすがに「空気嫁」と言われそうなので自粛しておきました。というか、私以上に空気の読めていない質問をして...

続きを見る

「役に立たない研究」は存在するのか?

2005/09/26 | 研究と臨床

心理学関連のエントリをここ何日か書いていなかったので、少し真面目に更新(…しかし、心理学関連の内容なんて毎日毎日書けるものでもなく…そういうサイト・ブログを管理されている方には頭が下がりますです)。 ...

続きを見る

いつものテイストと違っていた件(研究者コンプレックス)

2005/07/27 | 研究と臨床

昨日のエントリ、医療心理師の存在意義・そして医者コンプレックス再びのコメント欄で臨床心理士デスマさんから以下のようなコメントをいただきました(※未読の方がいらっしゃったら、是非とも当該エントリの本文と...

続きを見る

質的研究と量的研究

2005/06/21 | 研究と臨床

以前、某大大学院修士課程に在籍する学生さんに「修論はどうすんの?」という質問をした時のこと、 「私は統計が苦手なんで、修論は質的研究をやります」と言われました。 その時の私、きっとこーんな顔→(?・?...

続きを見る

残念ながら?

2005/04/27 | 研究と臨床

デスマ中!と言いながらちょっと落ち着いたので(とはいえまだまだ仕事は山のようにある)ちょこっと更新。 つーかさあ、めちゃめちゃ腹立ってるんですけど。 確かにこっちが送るの遅くなったのはこっちの問題です...

続きを見る

お手紙 from 日心臨 その3

2005/04/20 | 研究と臨床

そしてようやく日本心理臨床学会第24回大会 第2号通信が届きました。遅くね? …なんていいつつ、個人的にはまだデータ入力すら終わってないわけですが。5月10日必着か…厳しいな…。しかし前に研究概要を送...

続きを見る

【「論博」は】個人的には笑いごとじゃない【ナシの方向で!?】

2005/04/18 | 研究と臨床

これは絶対に取り上げねばと思っていた話題。 心理系ブログでもここやここでは既に扱われていますが、こんなニュースがありました。 論文だけで博士、駄目 大学院重視で一致、中教審部会(Yahoo!ニュー...

続きを見る

【誰か】臨床心理士が研究するということ(8)【採点して】

2005/02/18 | 研究と臨床

昨日のエントリー、【資格試験の】臨床心理士が研究するということ(7)【論述問題】で挙げた今年度の臨床心理士資格試験の論述問題   「臨床心理実践の基礎と深化のために求められる事例研究法と数量...

続きを見る

【資格試験の】臨床心理士が研究するということ(7)【論述問題】

2005/02/17 | 研究と臨床

nobuさんのブログ(開設おめでとうございます)、心理臨床家nobuのつぶやきBlogで今年度の臨床心理士資格試験の論述問題について言及されています。   資格試験の問題については基本的に全...

続きを見る


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑