緑川晶著『音楽の神経心理学 (神経心理学コレクション)』

公開日: : 最終更新日:2013/11/21 心理・精神医学本 , , , ,

最近、書店で見つけて気になった本です。

こちら。

脳が傷ついたとき、「音楽する」能力はどうなるのか?
認知症などの脳変性疾患や脳血管障害を原因として、歌唱、演奏、リズム、楽譜の読みなどが障害される神経心理学的症状「失音楽」や、歌唱などの音楽能力のみ残存した失語症など、臨床心理士である著者が遭遇した貴重な症例を紹介。さらに高齢者や自閉症児への音楽療法についても解説。音楽や脳科学に関するコラムも随所に散りばめられ、「人間にとって音楽とは?」という問いにさまざまな側面からアプローチする1冊。

出版社の紹介ページでは、序文や書評が見られます。

音楽の神経心理学医学書院

著者の緑川晶氏は中央大学文学部の教授で、専門分野は神経心理学、研究テーマは「認知症患者の潜在症状を利用した介護・支援技術の開発」だそうな。

研究者プロフィール[文学部 教授 緑川 晶]中央大学大学研究者データベース
中央大学 文学部 緑川研究室 | Laboratory of Neuropsychology, Faculty of Letters, Chuo University

ワタクシ自身の臨床実践の分野とはそれほど関連しないのですが、音楽と神経機能との関連については個人的に興味があります。書店ではパラパラと立ち読みしただけですが、なかなか読みやすそうな本でした。

興味のある方は是非ともポチっとどーぞ。

関連記事

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑