Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

「国資格」 一覧

心理臨床学会の役員候補者の選挙速報が出てたので候補者の専門領域をまとめてみようと思ったけどめんどくさくなってやめた

一般の方々からすると全くもって「内輪もめ」としか見えないような心理職の国家資格創設関連の動きがなかなか激しい昨今、皆様いかがお過ごしですか? この現状に関して、先日、児童精神科医であるa...

続きを見る

心理職の国家資格法案提出は5月中か?─衆議院議員河村建夫氏のFacebookページより そして臨床心理士有志の会(@cpyuhshi2013)さんからトンでもない情報の投下が!

兵庫教育大学大学院の冨永良喜氏のブログ、ストレスマネジメントとトラウマの昨日の記事でも取り上げられておりますが、衆議院議員河村建夫氏のFacebookページ、T's PARKにて5月中の法案提...

続きを見る

臨床心理職の国家資格案の取得条件として学部卒が入ってるのは全心協が元凶だったんだ!な、なんだってー(AA略

昨日、資格問題にからんで衝撃的なツイートを目にしました。 日本臨床心理士会の資格法制化プロジェクトチームの委員の一人である今井たよか氏のTwitter(@hiyoccoo)のツイートです...

続きを見る

臨床心理士有志の会(@cpyuhshi2013)のサイトの実名掲示板に何で皆さん書き込みされないのでしょうか?

昨日のエントリ、【ご恵贈】平井正三著『精神分析の学びと深まり―内省と観察が支える心理臨床』【感謝!】を書いたついでにと言ってしまっては何ですが、久しぶりに有志の会のサイトをのぞいてみました。 ...

続きを見る

各国の臨床心理職国家資格がらみの情報をまとめてみる @inotti_eleさんのリプライから

少し前のことになりますが、当ブログの14/01/26のエントリ、日本臨床心理士会の「国家資格化をめぐるQ&A(2)」でもっとも気になったことを受けて、Twitter上でΤακäħjrö...

続きを見る

日本臨床心理士会サイト「現在進行中の国家資格問題について」にツッコみたいたった1つのこと

「現在進行中の国家資格問題について」 昨日、日本臨床心理士会のサイトに「現在進行中の国家資格問題について」という文章がアップされました。 ・現在進行中の国家資格問題について(一般社...

続きを見る

日本臨床心理士会の「国家資格化をめぐるQ&A(2)」でもっとも気になったこと

国家資格化をめぐるQ&A(2) 既にご覧になった方は多いかと思いますが、先週、1月22日づけで、一般社団法人 日本臨床心理士会が国家資格関連の文章として、こんなのを発表しました。 ...

続きを見る

心理職の国家資格創設の問題に関して北里大学医学部精神科主任教授 宮岡等氏のブログから

1月10日の宮岡等氏のブログ記事 Twitterの方では昨日つぶやいたのですが、北里大学医学部精神科主任教授、宮岡等氏がこんなブログ記事を書かれておりました。 ・心理士の国家資格化...

続きを見る

「臨床心理士の専門性と養成カリキュラムが国家資格案に十分に反映される」ことが「必要不可欠」って本気で言ってますか?

私のリアルにも影響が及んだりして色々と面倒なんで、もう関わらないようにしようと思っていたのですが、どうしても気になったので書いてみます。返信等は特に必要ありませんのでご了承ください。 さて、少し...

続きを見る

今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格その4─本当はちっとも「現実的」じゃない

シリーズ第4弾。これで完結です。 未読の方はまずは過去ログをどうぞ。 ・今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格その1─求められる「専門性」とは?(13/10/28) ・今、私...

続きを見る

心理職資格保持者の「可視化」について

13/10/30のエントリ、今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格その3─資格保持者の情報の管理と公開をに対して、たくさんの方からTwitterでご意見をいただいておりました。 本日...

続きを見る

今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格その3─資格保持者の情報の管理と公開を

一昨日のエントリ、今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格その1─求められる「専門性」とは?、そして昨日のエントリ、今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格その2─むしろ「役に立たない資格...

続きを見る

今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格その2─むしろ「役に立たない資格」にすべき

昨日のエントリ、今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格その1─求められる「専門性」とは?の続きです。 国資格としての心理師(仮称)に関連する団体に共通する専門性を考えると、そこには恐...

続きを見る

今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格その1─求められる「専門性」とは?

これから何回かに渡って「今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格」について述べていきます。 まずは冒頭にアップしたこの画像。 心理職の国家資格化を推進している三団体のうちの一つ、...

続きを見る

日本臨床心理士会の「国家資格化をめぐるQ&A」の矛盾?…ではなく…

現在も議論の続いている、13/08/03のエントリ、「臨床心理士の職業的専門性と資格を考える有志の会」要望書に関する疑問ですが、このコメント欄は私と「有志の会」の平井正三氏とのやりとりが発端と...

続きを見る

「心理職の国家資格化を目指す院内集会」に関するネット上の情報まとめ

12/03/28のエントリ、【速報】「心理職の国家資格化を目指す院内集会」関連ブログ記事リンクの続きというかこれで一応、ワタクシのブログ的には一区切りということで。 さっそくまとめていきますよ。...

続きを見る


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑