Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

「専門書」 一覧

【ご恵贈】山内俊介著『専門家のための「本を書こう!」入門』【感謝!】

今年最後のご恵贈本になります。 先日いただきました。こちら。専門書…ではなく、専門書を書くための本です。 専門家のための「本を書こう!」入門posted with ヨメレバ山内 俊...

続きを見る

佐藤郁哉・芳賀学・山田真茂留『本を生みだす力 ―学術出版の組織アイデンティティ』

2011/03/03 | その他 ,

心理系の本ではないのですが、ちょっと興味があったのでチェック。 最近、ネットがらみのご縁で、学術書を出されている出版社の方とお話しさせていただく機会がちょこっとあったりしまして。で、そういう方と...

続きを見る

ぼくのかんがえたりそうのでんししょせき

先日、ちょっと書店業界関係者と話す機会がありまして、恐らく書籍が紙から電子媒体に本格的に移行するのにあと4年…みたいなことを聞きました。紙媒体が完全になくなることはないだろうけれども、当然、色々対応策...

続きを見る


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑