Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

「臨床心理学」 一覧

日本心理研修センターが公認心理師の現任者講習会実施機関に指定され「講習会の概要」が公表されたけど…

既に色々なところで話題になっておりますが、日本心理研修センターが公認心理師の現任者講習会実施機関に指定され「講習会の概要」が公表されております。 ・10月13日付で公認心理師の現任者講習...

続きを見る

「公認心理師対応大学院リスト」に漏れてる国公立大学を見つけた @kalsshinri

昨日のエントリ、「公認心理師カリキュラム対応表明校」リストを作ろうと思ったら既にあった(17/10/03)で全面的に参考にさせていただいた、河合塾KALSさんの公認心理師に対応する大学は何処?...

続きを見る

「公認心理師カリキュラム対応表明校」リストを作ろうと思ったら既にあった

とりあえず毎日更新をしていると、どうしてもブログネタを探さねばならないモードに入るわけなのですが、最近、かなり多くの大学が公認心理師のカリキュラムへの対応表明をしているなと気づきまして、そのリ...

続きを見る

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新になるわけでございます。 ワタクシ的にも色々と立て込んでおりまして(主に業務的な意味で)、なかなか...

続きを見る

【タイトルが】稲垣 諭 著『大丈夫、死ぬには及ばない 今、大学生に何が起きているのか』【秀逸!】

書店で発見して、まずはこのインパクトある表紙に釘づけになってしまいました。そして、それ以上にこのタイトルにかなり惹かれる感じでございますよ。 あと、帯を書いているのが最近(2016年1月...

続きを見る

雑誌『臨床心理学』第16巻は2号連続で発達障害関連特集ですよ

昨年末からずっと「チェックせねば」と思っていたこちら。ようやくちょこっと見ることができました…とか言いつつ、まだ買ってはいないのですが、とりあえずご紹介。 臨床心理学第16巻第1号―発達...

続きを見る

2015年売れ筋ランキングTOP10 カウントダウン(後半)

昨日に続きまして、昨年、当ブログ経由で買われた書籍の売れ筋ランキング、後半は第5位から第1位の発表となります。 なお昨年(つまり一昨年)のランキングはこちら。 ・2014年売れ筋ラ...

続きを見る

2015年売れ筋ランキングTOP10 カウントダウン(前半)

今日が2016年の仕事始めで、今年初めての当ブログという方もいらっしゃるかと思います。そんな方々向けに改めてごあいさつをば。 読者の皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお...

続きを見る

2015年第3四半期売れ筋ランキング

そして10月です…何が「そして」なのかよくわかりませんが、とにかく10月です。 振り返ってみるとこのブログ、7月の更新回数は4回、8月はなんと1回、9月は公認心理師法案成立がらみで3回。...

続きを見る

2015年第2四半期売れ筋ランキング

今日から7月。つまり、今年ももう半分が経過したわけです。 そしてまたまた結構久しぶりなブログ更新になってしまいました。先月の更新回数はたったの2回。ブログを開設してから最も更新頻度が低か...

続きを見る

村瀬嘉代子・青木省三『心理療法の基本[完全版] 日常臨床のための提言』の感想を書いてみるよ

15/01/21のエントリ、【ご恵贈】村瀬嘉代子・青木省三『心理療法の基本[完全版] 日常臨床のための提言』【感謝】でちょこっとご紹介したこちら。 心理療法の基本[完全版]posted ...

続きを見る

雑誌『臨床心理学』第15号第1巻の特集は「シリーズ・今これからの心理職① これだけは知っておきたい医療・保健領域で働く心理職のスタンダート」です…そして第14号第6巻を紹介し忘れてた

日々、結構な感じでテンパっておりまして久々の更新でございます。そんなわけでリハビリ的な感じで書籍(というか雑誌)紹介でも。 1月の頭にこちらが出てたのですよね。最近、書店にも行けてないの...

続きを見る

【ご恵贈】村瀬嘉代子・青木省三『心理療法の基本[完全版] 日常臨床のための提言』【感謝】

結構前にお送りいただいていたのですが、ご紹介が遅れてしまって申し訳ありません。 先日、こちらの本をご恵贈いただきました。著者の先生方、出版社の担当の方、ありがとうございます。 心理...

続きを見る

2014年売れ筋ランキングTOP10 カウントダウン(後半)

昨日の続き。昨年、当ブログ経由で買われた書籍の売れ筋ランキング、後半は第6位(同数3点)から1位の発表となります。 なお昨年のランキングはこちら。 ・2013年売れ筋ランキングTO...

続きを見る

2014年売れ筋ランキングTOP10 カウントダウン(前半)

読者の皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 さて、予告通りの更新でございますよ。 2014年1月1日から12月31日まで、当ブログ経由でAmazo...

続きを見る

雑誌『臨床心理学』第14巻第5号が出てるのに気づかなかった─特集は「成人期の発達障害支援」です

出てました。こちら。 臨床心理学第14巻第5号―成人期の発達障害支援posted with ヨメレバ辻井 正次 金剛出版 2014-09-10 AmazonKindle楽天ブックス...

続きを見る

Bunmi O. Olatunji・Dean McKay 著 堀越 勝 監修 今田純雄・岩佐和典 監訳『嫌悪とその関連障害 理論・アセスメント・臨床的示唆』

14/09/04のエントリ、日心は学会費未納で退会させられたはずなんだけど会員宛の北大路書房の展示書籍案内が送られてきた件で、北大路書房の展示書籍案内で気になった本をご紹介します!…と言ったま...

続きを見る

臨大協の「公認心理師法案の国民と臨床心理士への影響について」に全く意味不明な部分がある件

いつもお世話になっております、Τακäħjrö Ιŋøüé(Twitter ID:@inotti_ele)さんより、情報いただきました。ありがとうございます。 2014/6/26 ...

続きを見る

雑誌『臨床心理学』第14巻第3号 特集「発達障害研究の最前線」がもうすぐ出ます

6号連続「発達障害支援」をテーマとする、雑誌『臨床心理学』第14巻の第3号が5/8に発売予定です。 Amazonさんでも絶賛予約受け付け中ですよ。 臨床心理学第14巻第3号―発達障...

続きを見る

【値段もすごいが】ポール・L・ワクテル著/杉原保史訳『心理療法家の言葉の技術[第2版]─治療的コミュニケーションをひらく』【中身もすごい(多分)】

これもまた、最近書店で見つけて読みたいなあと思った本です。 心理療法家の言葉の技術[第2版]―治療的コミュニケーションをひらくposted with ヨメレバポール・L・ワクテル 金剛出...

続きを見る

雑誌『臨床心理学 第14巻第1号 特集 シリーズ・発達障害の理解① 発達障害の理解と支援』が発売前から大人気な件

明日出ます。こちら。 臨床心理学第14巻第1号―発達障害の理解と支援posted with ヨメレバ村瀬嘉代子・辻井正次 金剛出版 2014-01-08 AmazonKindle楽...

続きを見る

2013年売れ筋ランキングTOP10 カウントダウン(後半)

昨年、当ブログ経由でご購入いただいた書籍の売れ筋ランキング、後半は5位から1位の発表となります。 前半を未読の方はまずはそちらからどうぞ。 そして2012年のランキングはこちら。2...

続きを見る

2013年売れ筋ランキングTOP10 カウントダウン(前半)

読者の皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 さて、例年であれば仕事始めに合わせてアップするこのシリーズですが、今年は毎日連続更新を続けたいと思っておりま...

続きを見る

自分の持っているケースについて不特定多数が閲覧可能なブログ上で言及すること

photo credit: stephenccwu via photopin cc 前にも似たようなことを書いたことがあったかもしれませんが、大事な話だと思うのでもう一度。 先日、とあ...

続きを見る

7ねんまえにぼくがかんがえたさいきょうのりんしょうしんりしようせいかてい

昨日、Twitter上で、心理職の国資格創設を踏まえた養成課程に関する議論をさせていただきました。それについては近いうちにまとめてみたいと思うのですが、ふと思い出したのです。 「そういえ...

続きを見る

心理臨床家も研究すべき…ではなく心理臨床家「こそ」研究すべきたった一つの理由

【心理学コラム】の土曜日 このブログを読んでらっしゃる臨床家の皆さん、研究してますか? 最近、何人かの臨床家の方が「あまり研究する気はない」「普通は院を出たら研究なんてしない」みた...

続きを見る

【ご恵贈】末木新著『インターネットは自殺を防げるか: ウェブコミュニティの臨床心理学とその実践』【感謝!】

著者の末木新氏より、こちらをお送りいただきました。ありがとうございます! インターネットは自殺を防げるか: ウェブコミュニティの臨床心理学とその実践posted with ヨメレバ末木 ...

続きを見る

当ブログ経由でのAmazonさん売り上げ「殿堂入り」心理系・精神医学系書籍を発表しちゃうよ!何の節目でもないけどね

今、新サイト開設のための準備作業を色々としておりまして、その一環として当ブログ経由での売り上げ「殿堂入り」書籍を調べてみました。 2008年1月1日から2013年5月27日までの期間、当...

続きを見る

「心理師」と「心理士」の違いを改めて考えてみる

13/05/17のエントリ、「心理師」と「心理士」の違いって?―精神科七者懇談会の「心理職の国家資格化に関する見解」からで提起しましたこの問題。 Twitterでいくつかご意見いただきま...

続きを見る

心理学系学部・学科を志望する高校生の皆さんへ その3 – 入学してから「話が違う!」とならないためのたった一つの心構え

ずいぶん間が空いてしまいましたが、03/01/24の心理学系学部・学科を志望する高校生の皆さんへ – 「本当にその選択でいいのですか?」、そして03/01/28の心理学系学部・学科を志望する高校生の皆...

続きを見る

カウンセリングの効果研究本。そして臨床家として必要なもの

12/09/15のエントリ、【日心臨2012】新幹線間に合った #ajcp2012にて山本山さんからこんなコメントをいただきました。 山本山 12-09-27 (木) 18:08 こん...

続きを見る

数井みゆき編著『アタッチメントの実践と応用 医療・福祉・教育・司法現場からの報告』

実は昨日はこれを紹介したかったのですが、出版社のサイトでアレが目についてしまったので先にご紹介した次第。 こちらですよ。 アタッチメントの実践と応用 医療・福祉・教育・司法現場からの報告p...

続きを見る

『投映法研究の基礎講座』の感想を書いてみる

先日お送りいただきましたこちら。 投映法研究の基礎講座posted with ヨメレバ津川 律子,岡 隆,黒田 浩司,小山 充道,高橋 依子,中島 ナオミ,秦 一士,羽生 和紀,安井 知...

続きを見る

【ご恵送】津川律子編著『投映法研究の基礎講座』【ありがとうございます】

ちょうど「これは欲しい!」と思っていた本をお送りいただいてしまいました! 投映法研究の基礎講座posted with ヨメレバ津川 律子,岡 隆,黒田 浩司,小山 充道,高橋 依子,中島...

続きを見る

やっぱり自分は「心理臨床学」に違和感があるのだなあ

12/07/03のエントリ、心理臨床学会の学会誌バックナンバーにまつわる色々とかでもちょこっと触れましたが、先日、日本心理臨床学会の会員の皆様には『心理臨床学研究 論文執筆ガイド』なる冊子が届いたこと...

続きを見る

津川律子・遠藤裕乃著『初心者のための臨床心理学研究実践マニュアル 第2版』

書店で見かけて「キター!!!!!」と思ってAmazonさんを見てみたら、「この本は現在お取り扱いできません」って…。出たばかりのはずなのに。予約分だけで在庫切れってことですか?それともまだ入荷してない...

続きを見る

ASCII.jpの連載記事「古田雄介の“顔の見えるインターネット”」でブログ「自殺 臨床心理学」が紹介されてます

当ブログの右サイドバーにある「臨床心理学ニュース」のコーナー経由などでご存じの方もいらっしゃるかもしれません(というか、私はここで知りました)。 株式会社アスキー・メディアワークスが運営するWe...

続きを見る

続・学会費、がっかいひ、ガッカイヒ、gakkaihi

10/03/17のエントリ、学会費、がっかいひ、ガッカイヒ、gakkaihiの続きです。未読の方はまずはそちらから。 で、この件で何人かの方からご意見いただきました。せっかくなのでちょっとまとめ...

続きを見る


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
Twitterアイコン
続・「臨床心理士有資格者は現任者講習を受ける必要はかなり低い」は本当か? 関連ツイートまとめなど

「togetterでやれ!」と言われそうですが面倒なので、現時

和光大学青年心理学研究室
「臨床心理士有資格者は現任者講習を受ける必要はかなり低い」は本当か?

昨日のエントリ、日本心理研修センターが公認心理師の現任者講習会

日本心理研修センター 公認心理師現認者講習
日本心理研修センターが公認心理師の現任者講習会実施機関に指定され「講習会の概要」が公表されたけど…

既に色々なところで話題になっておりますが、日本心理研修センター

日清のどん兵衛 極みだし
『日清のどん兵衛 極みだし 関西風だしうどん&鴨だしそば』がうまい

ここ最近、ずーっとTBSラジオの『伊集院光とらじおと』を、スマ

肩もみ
ネタがないわけではないのですが…

ネタがないわけではないのですが、今日は簡易更新で。 なぜ

→もっと見る

PAGE TOP ↑