PC・インターネット

「VAIO」発売10周年記念モデル

投稿日:

VAIO使いのわたくしとしましては大変気になる新製品が出ましたよ。
Sony Style(ソニースタイル)

VAIO type T
そうですか…VAIO発売10周年ですか…。


Yahoo!ニュース - BCN - [新製品]ソニー、約22.5mmのスリムノートPC、「VAIO」発売10周年を記念して
よりコピペ。

ソニーは5月17日、個人向けパソコン「VAIO(バイオ)」の07年夏モデル第2弾を発表した。ラインアップは、ノートPC「type T」4機種、「type F」「type N」各1機種、ハイエンドデスクトップPC「type R master」の計4シリーズ10機種で、「type T」「type R master」は、店頭販売の標準モデルとカスタマイズ可能な「VAIOオーナーメードモデル」を用意する。

「type T」は、約22.5mmの薄型モバイルノートPC。「VAIO」シリーズの国内発売の10周年を記念し、これまで培った技術などを投入し、薄く軽いきょう体と耐久性の両立を実現した。機能や性能だけでなく、手にしたときの質感やデザインにもこだわったという。

液晶ディスプレイは、NTSC比で色純度72%以上という高画質な11.1型ワイドの「クリアブラック液晶」を搭載。本体は、軽量ながら高強度のカーボンファイバー積層板を採用し、ほぼ全面を覆う立体形状にすることで、ねじりに対する強度を高めた。

キーボードパネルは新たに開発し、キーボードとパームレストを溶着して二重構造にして、本体の強度とキーボードを打った時の使用感を向上させた。鏡面仕上げのキーボードパネルと立体的なキートップで、美しさと安定したキータッチも実現した。天板のカラーはブラック。「VAIOオーナーメードモデル」では、ブラックのほか、限定カラーのプレミアムカーボン、ボルドー、シャンパンゴールドの4色から選べる。

店頭販売モデルの仕様は、CPUがCeleron M 443(1.20GHz)、メモリ1GB、HDD80GBなど。OSはWindows Vista Home Premium。ワンセグの受信が可能で、ディスプレイ部分にアンテナを収納した。VAIOオーナーメードモデルでは、記録媒体に32GBのフラッシュメモリや、フラッシュメモリと160GBのHDDのハイブリッドなどを選択することもできる。バッテリー時間は、標準バッテリーパック使用時で最大約12時間、大容量バッテリーパックで最大18時間。

個人的に一番気になる仕様としては、内蔵記憶媒体としてハードディスクだけではなく、大容量のフラッシュメモリが選択できるってのが挙げられます。
フラッシュメモリを使うとどんな良いことがあるかと言いますと…
1)高速
ハードディスクに比べるとデータにアクセスする速度が格段に速いです。ということは、OSがフラッシュメモリに入ってたりする場合には、PCの起動そのものが速くなるわけです。
2)高スタミナ
ハードディスクに比べると電力消費量が格段に少ないです。モバイル時にはその威力がいかんなく発揮されるのです。
3)堅牢
ハードディスクは振動や衝撃に弱いです。それに泣いた人も多々いるかと思いますが、フラッシュメモリを用いることで振動や衝撃によるデータ破損の可能性は低くなります。
4)軽い
物理的な重量も軽くなります。やはりモバイル向けです。
・・・・・・・・・・
と、まあ素敵な仕様になっておりますよ。デザインも(好みはあるとは思いますが)良い感じですしね。
「ちょうどノートPCが欲しかったのですよ!」という方、候補として考えてみてはいかがでしょうか?
私もすげー欲しいです。あとはうちの大蔵省(古!)が(以下略

1日1回、ポチっとクリックして順位を確認後戻ってきていただけると感謝感激でございます学問・科学ランキング

-PC・インターネット

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.