心理・精神医学本

『医療従事者のための モンスターペイシェント対策ハンドブック』

投稿日:

先日、書店で見かけてかなり気になった本がこちら。

近年、増加している「モンスターペイシェント」。患者からの暴言、暴力などにより、病院のスタッフが精神的・肉体的に傷つく事例が多発しているなかで、実際の医療現場で起こった事例やスタッフの意見をもとに制作された、医療関係者必見の“対策”をまとめた一冊。

わかりやすく、見やすくするためにイラストを配し、2色印刷に。また、使いやすさを考えて、ページがめくりやすく折れにくいよう角を丸く加工、ハンディな大きさ。

モンスターペアレント…じゃなく、モンスターペイシェントの方の「モンペ」対策本です。

出版社のページには目次もありますよ。

モンスターペイシェント対策ハンドブックメタブレイン

何がアレって、詳しい事例および具体的対策が豊富に書かれていて、このお値段というのはかなりお得かもです。事例集として眺めるだけでも面白かったり…なんて言い方はものすごく不謹慎ですが。

単なる対策ではなく、予防策からしっかり書かれているのがいい感じです。医療スタッフ側の対応が「モンスター」を作り上げている部分も恐らく少なからずあると思いますので。

精神科領域なんかはまたちょっと事情は違うと思うんですが、とりあえず興味がある方はご覧になってはいかがでしょ?

という感じで本日も若干お忙しい感じなので簡易更新なのでございました。

-心理・精神医学本

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.