資格問題

【もし本当なら】臨床心理士資格試験で不正!?【一大事では?】

投稿日:

※7/28 22:00 かなりマズイ内容なので若干修正しましたが、基本的な話は変わってません
これ…本当に書いていいのでしょうか?
裏が取れていない話で…というか、当事者に直接尋ねてみない限りは裏の取りようがない話なので、あくまでも伝聞ということで。
一応ネタ元はふせておきましょうか…。某ブログにて書かれていたのですが(もしかしてこちらへのトラックバック、失敗しました?)、今年の臨床心理士資格試験で指定大学院になる前に修了しており、かつ移行措置にも該当しない本来は受験資格のないはずの方々の中の何人かが、なぜか受験資格を得ることができるらしいという話です。
にわかには信じがたい話ですが、もしこれが本当だとしたら結構なスキャンダルになるのではないですか?


確かに受験資格に関しては気の毒な人の話を色々聞きますよ。でも試験ってのは公正に行われるからこそ意味があるのであって、もしこのような受験資格に関する不正が行われているとしたら…公正さというのはなくなってしまうわけですよね。あー何か変な文章になってます。「不正=公正じゃない」って当たり前じゃん。私も動揺しているらしいです。
元ネタのブログではこのように書かれています。
※色々考えて若干書きかえることにしました

出願書類はどうやら別ルートで受理されるらしい

認定協会にチクるという手もあるけど、恐らく認定協会の有力者がそれを認めているんだろうから…。

てかマジですか?
対抗勢力の皆様、もしこれがホントだったらチャンスかもしれませんよ。色んな意味で。
財団法人 臨床心理士資格認定協会のサイトによると、本年度の資格認定試験の受験申込受付の締めきりは9月4日。もし今回の件が本当だとして、こうして公になったなら、大事になる前に握りつぶされる可能性もなきにしもあらずですが…。
どうしましょうか?資格認定協会に問い合わせた方がいいんでしょうか?でも問い合わせるとしたら何て問い合わせればいいんでしょうか?
むー…
ネタ元のブログ主さん、「王様の耳は…」で済まない話にしてしまってすみません。でもそれ聞いちゃったら、やっぱり黙ってはいられないですよ。
ほんとどうしましょうか?>皆様

とりあえず落ち着いてクリックを学問・科学ランキング

-資格問題

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.