臨床心理学

こんなメールが届いたYo!

投稿日:

昨日の朝、こんなメールが届いていました。ちなみに宛先は「ロテ職人」メールではなく、私が仕事で使っているアドレスでした。

 

こんなのどっから情報が漏れるんでしょうね…ってたぶん学会名簿なんでしょうねえ。本当はツッコミ入れるのやめようかと思ったんですが、勝手に送ってきやがったんで全文コピペしたいと思います。

 

なお、URLやメルアド、会社名等は消しておきます。残しておく事で宣伝になると嫌なので

 

心理学、精神医学の分野でご活躍中の諸先生の皆様へ

謹啓 時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、私どもは日本で初めてインターネットテレビを用いて、24時間
のメンタルケアを行う会社です。
 殺伐とした競争社会の中で心を病む方は年々増え続ける一方
です。私どもはこうした方々に少しでもお役に立てるよう誠心誠意を
尽くして参りたいと考えています。
 世界中を網羅するというインターネットのメリットを活かし、この事業
にはアメリカやヨーロッパで活躍されている日本人のカウンセラーや
セラピストの先生方にもご参加をいただく予定にしております。日本の
夜間帯はこうした海外の先生に対応していただくことになります。
 当事業にご参加いただく先生は、パソコンとインターネットカメラを
ご用意いただけば、ご自宅でもカウンセリングを行うことができます。
お時間もご都合の良い時間で行っていただきます。他にお仕事を
お持ちの方でも参加できます。インターネットカメラを使ったことがない
方でも操作は簡単で、誰でも出来ます。
 弊社では現在4月の開業に向けてご参加いただける先生方を募集
いたしております。実績と熱意のある先生方にぜひともご参加いただき
たいと願っております。
 ご興味のある方は、弊社のホームページをご覧いただいたうえで採用
資料をご請求ください。資料請求の方法はホームページの中の「カウ
ンセラー募集」のページに記載されています。
 締切は3月20日を予定しておりますが、採用人員に達した場合に
はそれ以前に打切ることもございますので、ご希望の方はお早めに
ご申請ください。採用予定人員は国内10名程度、海外5名程度
です。
ホームページ http://www.○○○.○○○
皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

********************************
24時間インターネットテレビ・カウンセリングの
株式会社○○○
〒000-0000
○○○○○○00-00-00
E-Mail:○○○@○○○.○○
http://www.○○○.○○

インターネットテレビを用いたカウンセリング…24時間対応でクライエントさんのニーズもばっちり!…ってふざけんなこら。私がこちらの会社のサイトを見た限りではいくつかの問題点が考えられましたので指摘したいと思います。

1)アセスメントはどうするのか?…
サイトを見る限りでは「実際に会ってアセスメントする」ということはしないようです。まあ「心理療法じゃなくてカウンセリングだからそんなもんいらない」のかもしれませんし、ひょっとしたら実際に会わなくても的確なアセスメントのできる優秀なカウンセラーをそろえていらっしゃるのかもしれませんが、少なくとも私はそんなことようしませんわ。

2)24時間カウンセリングが持つ臨床上の問題…
登録しないと詳細は見られないようですので、詳しくはわかりませんが、予約さえ取れればいつでも対応するんでしょうか?これって治療構造をどうやって作るんでしょう?こちらのお抱えカウンセラーの中には海外の大学を出て「精神分析士」なる資格(肩書き?)を持つ方もいらっしゃいますが、そうした優秀な方であれば容易に想像できることだと思うんですが…

3)しっかり逃げを打っているのな。てか対応できないならやるなよ…
利用規約の免責の事項を見ると

○○・○○及び業務委託を受けたカウンセラーは、誠心誠意をもってカウンセリングを行います。万一、事後に体調不良、精神不安など心身に変調を来たした場合でも、一切の責任を負いません。

とのことで責任は負わないそうだ。もしそういった事態に陥った時、誰が尻ぬぐいするんでしょうね?まあ、クライエントの自己責任ってことなんだろうけどさ。

4)で、独自資格でも出すのかな?…

平成18年には20歳以下の学生・生徒を対象に不登校・いじめなどの問題を専門にカウンセリングを行う○○・○○ヤングを開業する予定。平成19年には独自のカウンセラー養成機関○○・○○ACADEMYの開校を予定。平成18年には、先行して入門講座、さらには実践講座が始まります。その他新企画が目白押しです。ご期待ください

俺も受けてみようかな(w

5)熱意ねぇ…
採用方法を見ると

○当社は実績と熱意を総合評価し、多方面から人材を発掘します。実績の少ない方でも人柄と熱意が評価されますので、どんどんチャレンジしてください。
 採用方法は、書類審査と面接ですが、面接を重視します。人によっては、何度か模擬カウンセリングを実施させていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。詳細は、「採用資料」に記載されていますので、資料を入手し、熟読してください。
 面接や模擬カウンセリングはインターネットテレビを使って行いますので、遠隔地あるいは海外に在住の方も、受験できます。

とあります。実績の少ない人でも人柄と熱意を評価するらしいです。私がクライエントだったら、いくら熱意があっても実績がない人は嫌だなあ。

6)クライエントによるカウンセラー評価システム…
「カウンセリングの手順」というところを見ると

カウンセリングが終わりますと、そのたびにカウンセラーからアンケートのメールが届きます。これはカウンセリングの満足度をお伺いして、今後の参考にするものです。また、カウンセラーの評価(Rating)に反映されるものですので、必要事項を記載の上、返信してください。

とあります。一見、これって良いシステムのようにも思われますが、陰性転移ってのはどう考えるんでしょうね?これが出てこないと問題が明確にならなかったり、治療が進展しなかったりすると思うんですが。逆に過剰な陽性転移が維持されるような状態をセラピスト側が作りかねないような気もするんですよね。この「カウンセラーの評価」システムって。このシステムで効率良く儲けようと思ったら、クライエントを生殺しにしておくのが一番いいかも。生かさず殺さずで「良い」関係を維持することだけに集中しながら継続し、必要無くなったら上手に切る、と。これってキャバ嬢やホストと同じ手法ですよね。でもそうでもしないとサイトに公開されているランキングが下がる恐れがありますから。

その他ツッコミどころが目白押しなわけですがキリがないのでこ

-臨床心理学

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.