臨床心理学

で結局、心理臨床家の養成における「現場実習の意義」って何なのさ

投稿日:

とりあえずこのエントリで最後にしたいと思います。過去ログ未読の方はまずはそちらから。
大学院生の実習で心理検査の陪席させる?(08/06/26)
現場実習における心理検査への陪席の問題について論じつつ「現場実習の意義って何だ?」ってことをもう一度考えてみる(08/07/28)
心理臨床家の養成における「現場実習の意義」についてさらに考えてみる(08/07/30)
自分の時どうだったかを思い出しつつ「現場実習の意義」についてそろそろまとめてみる(08/08/05)
3つめのエントリ、心理臨床家の~のコメント欄でのmon-mamaさんのコメントにもあるように「援助技法について」と「組織の中で働くことについて」という2点では、私はむしろ後者の方が重要だと思います。それは「仕事ができるかっこいい自分を見せる」なんてことでは決してなく、むしろ自分の能力では何ができて何ができないのか、そしてそれができるのはなぜなのか、できないのはなぜなのかってことを実習生に考えてもらう(教えるんじゃないです。考えてもらうんです)ってのが必要なのではないかと。
ただ、もちろん「援助技法について」ってことも大事ではあります。その際に実習生がどんな形で患者と関わるのかってことを考えなきゃいけないわけです。で、それを考えるときに重要になってくるのが、「『なぜそれをさせるのか』って説明できること」だと思うのですよ(って前にも書きましたけどね)。
前述のmon-mamaさんのコメントにはこうあります。

それでも検査陪席は必要だと主張したいのです。

それは瑣末な、ロールプレイで補えるじゃん、というものではなく、1対1場面での検査者の在り方など質的な面を見れるから。また、実際見た検査の見立てと所見について検査者と討議したり、そういう経験が一切ないというのはかなり私にとって違和感というか、想像しがたい。

「自分の知識欲を追求して、患者のことを考えてない」と言われてもしょうがないのだろうか。

私は「自分の知識欲を追求して、患者のことを考えない」なんて言わないですよ。なぜそれが必要なのかを論理的に説明できるのであれば
自分が実習生を受け入れた時、どんなことをやっていたかちょこっと思い出してみたんですが、そういえば私が実施する検査の陪席はしてもらいましたよ。ただ、被検者は患者ではなく、同僚(もちろんその検査は未経験)にお願いしてやってもらったんですが。で、検査が終わった後、実習生には検査報告書を書いてもらいました。それを元に色々討議したりして…って感じじゃダメですかね?一応、「1対1場面での検査者の在り方など質的な面」は見られるんじゃないかと思いますし、これなら対象が患者である必要はないわけで。
臨床実践の中で、患者・クライエントに対する介入を理由なく「なんとなく」でやっちゃうような臨床家は最悪だと私は思っています。実習で何をやるかってことについても同じで、理由なく「なんとなく」な感じで実習内容を決めるのはどうかと思うわけです。それは他人にも理解できる言葉で伝えることができないといけないだろうと。
あとこれ、どれくらいの期間の実習かって問題も出てくるんですが、陪席させるとしたら何回くらいさせるんですかね?もちろん、1回のみの陪席でも得られることはたくさんあると思いますが、でも陪席向きのケースとそうじゃないケースってのはやっぱありますよね…という辺りも陪席させる目的によるんですけど。例えば「検査行動に見られる患者の病理について知ってもらう」みたいな目的だった場合、陪席したケースで都合よく「見てもらいたい病理」が見られるかどうかわかんないじゃないすか。
結局、実習を受け入れる側がどこまでフォローできるかってところにもよると思うんですよね。考えてみたら、今私が近くの職場にいる若手とやってるロールシャッハの勉強会も、元々は大学院の現場実習で来た実習生から頼まれてってのが始まりでしたし。
・・・・・・・・・・
てな感じで最後のまとめ。
ぶっちゃけ「現場実習の意義」に関しては色々な考え方があってもいいと思います。
大事なのは、具体的に何をさせるかということを考える際に、患者の負担を配慮した上で(それは天秤にかけることかもしれません)、その「意義」に基づいてそのことをさせる理由を論理的に説明できるかということであり。患者の負担とその理由に照らし合わせてみて、もし他の手段・方法で代替できるのであれば、そりゃ患者の負担が少ない方がいいでしょうし。
…という感じですかね。
以上、ワタクシの勝手な考えではありますが、実習する側の人、実習を受ける側の人、そして将来実習する側のになったり、実習を受ける側になったりする予定の人、色んな方からのご意見いただけたらと思います。

そして1日1回クリックして、順位確認後戻ってきていただけると大変うれしゅうございます学問・科学ランキング

-臨床心理学

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2024 All Rights Reserved.