臨床心理学

ロールシャッハ学会@徳島@0日目

投稿日:

徳島ラーメン食うのが目的だったわけではないのですよ(ここここ参照)。
徳島で行われたロールシャッハ学会第10回大会に参加してまいりました。その個人的な記録です。
学会は18日(土)・19日(日)の2日間の日程で開催されました。で、わたくし的メインイベントは17日夜に行われていたのですね。
もうね…大変たのしゅうございましたよ。


17日夜、ある方が接待してくださったのですよね。「○○(俺の本名ね)君を囲む会」を開いてくださったのですよね。私は後輩のTさんと一緒に参加しましたよ。
1次会は徳島の地鶏料理のお店でした。やわらか美味しい若鶏・歯ごたえあって味がある親鶏?の焼き物、美味でございました。少し甘めの汁の鶏鍋も美味しゅうございました。
セッティングしてくださったT君・Sさん、ありがとうございました。この場を借りて(借りて?)感謝申し上げます。
人見知りな(え?)私はうまくお話できていたかどうか…(え?)
なんか医療現場で統合失調症者を対象とするSSTと学校現場で児童を対象として行うSSTの違いについて熱く語っていたのは覚えてます(これ、いつかここでまとめようと思ってたネタなんだよな)。あと、いつものごとく研究の重要性について語っていたような気もします。なんか記憶違いだったら訂正してください(T君 or Sさん)。
でもねぇ…がんばっている若い人たちとお話していると、ほんと自分もがんばんなきゃと思うんですよね。危機感を感じるというか…追い越されちゃならんというか…むしろ追い越さなきゃいけないというか(つか、俺も若いんだけどなw)。
心残りはエロトークがあんまりできなかったことですな。あんまりってかほとんどエロトークなかったような気がします。
そして2次会。
T君・Sさんの後輩の大学院生の方4名が合流。もうね…皆さんカワイイんだわ。…あ、Sさんもすごくかわいらしい方でしたよ。ついでにT君もすごくかわいらしい子です。食べちゃいたいくらいです(大嘘)。
とりあえずすごいなと思ったのは、M1の皆さんが今の時点でちゃんと自分の研究テーマについて他人に説明できるってことですね。私、酔っぱらいつつもそれなりにまともな質問してたはず。
てか、初対面でとりあえず研究テーマについて聞くってどうよ?とか思うんですが、それなりに呑んでましたからね。酔っぱらいなんで仕方ないと思っていただけたらと。
今の時点での研究テーマが変わることもあるかとは思うのですが、あれだけ説明できたら大丈夫かと。これを読んでる現在M1の方々は、ちゃんと自分の研究テーマについて説明できますかね?ある程度のツッコミに対応できますか?ちなみに私が同じ年の頃は、多分無理だったと思いますw
ああいう若い人達とお話してると(いや、俺も若いんだけど←くどい)、これからの日本の臨床心理学界もそんなに捨てたもんじゃねーのかな?と思ったり。
遊んでくださった皆様、ほんとに楽しく過ごすことができました。こんな酔っぱらいのおっさんの相手をさせてしまって、申し訳ないというか何というか…。とりあえずあの時もお伝えしたかと思いますが、臨床やんのは当たり前、その上でしっかりと研究は続けてくださいな。
心残りはエロトークがあんまりできなかったことですな。あんまりってかほとんどエロトークなかったような気がします。
そして「俺、明日の朝起きられんのか?」という不安を抱えつつ、夜は更けていくのでした…。
ロールシャッハ学会@徳島@1日目へ続く

1日1回クリックお願いして、順位確認後、飛んだ先からまた当ブログに戻ってきていただけると大変うれしかったり学問・科学ランキング

-臨床心理学

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.