雑記

学会の会員名簿って超絶邪魔じゃね?

投稿日:

学会の会員名簿ってホント邪魔です。特に日本心理学会だったり、日本心理臨床学会だったりの大きな学会に入って数年くらい経ってたりすると、巨大な名簿が何冊もある…ってな感じになってたりするわけです。
特に名簿って「簡単に捨てられない」ってのが一番のネックだったりします。
07/10/27のエントリでも取り上げた臨床系の学会の発表論文集を無造作に捨てちゃう人、それも学会会場や会場付近に捨てちゃうような輩はそんなの関係ねえなのかもしれませんが、普通は名簿みたいな個人情報の固まりを無造作に捨てることできないですよね?
皆さん一体どうしてるんでしょ?
てか、いい加減紙媒体での全会員への名簿配布って止めた方がいいんじゃね?とか思う今日この頃なのです。


実際、名簿がなくなったらそれはそれで困ったりすると思うのです。実際、自分も学会発表なんかで座長をしてもらう先生に連絡とる際には名簿はすげえ便利だったりしましたから。
あと聞いた話なんですが、役員なんかに関して選挙制をとってる学会では選挙名簿も兼ねてたりするんですよね。
そうなると名簿自体をなくすのはちょっと難しい…
と考えますと、基本はネット上のオンライン名簿で、希望者のみ印刷された名簿を配布(場合によっては有料で)ってことがいいんじゃないかと思うわけです。
「オンライン名簿ってセキュリティだいじょぶなの?」って人もいるかもしれません。その辺は(どの程度の費用がかかるかは今ひとつわからないのですが)専門業者に入ってもらってシステム構築すりゃあいいんじゃないすかね?大規模データベースってことになるとそれなりの費用はかかるでしょうが、印刷代・郵送費なんかは(大規模学会であれば)今でもかなりの額になってるでしょうし、その辺を削減すれば何とかなるのではないかと。
そもそもセキュリティって話をすれば、紙媒体でも名簿業者に流すような奴はいるでしょうし(だから変な電話がかかってくるんですよね。マンションのセールスとか。電話セールスで絶対買うわけねーよ)、このエントリの冒頭でも触れたようにそれこそ無造作に捨てちゃう人だっているでしょうし。
むしろ学会のサイトを個人ID・個人パスワードでの認証方式にして、名簿のダウンロードに関してもログをしっかりとってたりすれば、それなりのセキュリティは保たれるんじゃないかと思うのです。
学会の運営関係者の方々、いかがでしょうか?
つか、とにかく邪魔でしかたないので、なんとかしてください。お願いします。

そんな私の意見に賛同する人もしない人もポチっとクリックしていただけると大変ありがたいのです学問・科学ランキング

-雑記

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.