心理・精神医学本

山下吏良著『女子アナ・吏良の海上自衛隊メンタルヘルス奮闘記』

投稿日:

最近…と言ってもここ何年かのことですが、知り合いの同業者が自衛隊がらみの職に就いた…って話を何度か耳にしました。

自衛官の自殺なんかもしばしば取りざたされるようになり、その手の需要は増えてるみたいですし、「自衛隊 臨床心理士」みたいなワードで検索すると何件か臨床心理士の募集の情報も出てきたりします。

ちなみに「自衛官に自殺が多い」って話題についてはこちらのブログ記事が参考になるかと思います。

「自衛隊は自殺が多い」は本当か? 自衛隊の自殺とメンタルヘルス1
自衛官の自殺は何が原因なのか?  自衛隊の自殺とメンタルヘルス2
リアリズムと防衛を学ぶ

そんな中、実際にそうした業務に携わる臨床心理士が本を出したそうな。

女子アナ・吏良の海上自衛隊メンタルヘルス奮闘記 女子アナ・吏良の海上自衛隊メンタルヘルス奮闘記
山下 吏良

講談社 2010-12-07
売り上げランキング : 7010

Amazonで詳しく見る by G-Tools

NHKキャスターから海自 ・臨床心理士に大転身!

自殺や事故が頻発する海上自衛隊で、戦う男たちに寄り添う吏良1尉の24時間!
隊員の「うつ、心の病」のケアに奔走するメンタルヘルス最前線。

海自の現実を白日の下に晒す本書は、「海上自衛隊にとって両刃の剣である」

海上自衛隊といえども隊員の構成は日本社会の縮図。社会に若者の非行が蔓延すれば海上自衛隊でも非行が起こる。世間にうつ病や自殺が増えれば海上自衛隊でも増える。それどころか、自殺に関して言えば、不況にも強く壮健であるはずの海上自衛官の自殺発生率が、ときに成人男子の平均よりも高いというのはどうしたことだろうか? 海上自衛隊に特有の隠れた事故要因があるのか?私が著者を知ったのは舞鶴地方総監のときだが、「海上自衛隊にもこういう人材が求められて入ってくる時代になったのか……」と、複雑な感慨を持った――。

――海上自衛隊佐世保地方総監・加藤耕司(「あとがき」より要旨抜粋)

1995年03月 大学卒業
1995年04月 在阪テレビ局の記者やNHK鳥取放送局のキャスター(六年間)
2003年04月 京都ノートルダム女子大大学院(京都市)に入学。臨床心理学
2006年 臨床心理士
2007年 海上自衛隊に入隊
       海上幹部候補生学校 35歳
2007年12月末 海上自衛隊幹部候補生学校 卒業 三等海尉
2008年01月   海上自衛隊総監部衛生企画室
2009年04月  佐世保地方総監部

なかなか異色の経歴って感じの著者ですね。

ちなみにこの方については、以前にも読売新聞関西版の阪神淡路大震災13年目関連の特集で取り上げられておりました。記事リンクは切れておりますが、こちらのブログ記事で全文紹介されております。

阪神淡路大震災から13年-じーんとくる記事ストレスマネジメントとトラウマ

そんな感じで、興味のある方はどぞー。

-心理・精神医学本
-,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.