雑記

懐かしい名前で論文検索してみた

投稿日:

先日、必要があって論文検索してたんですよ。精神医学っぽい検索語で。そしたらですね…
…どこかで見たことあるような名前が…


…ああ、高校時代の同級生ですよ。某大学の医学部に入ったのは知ってましたが、へー、精神科医になってたんだ。何か意外な感じ。
で、ふと思い立って、同じく某大学の医学部に入った、同級生であり部活も同じだった友人の名前で論文検索したのですね(…この時点で既に当初の目的を見失っているというか、完全に脱線ですよ)。
発見しますた。
ほー。やっぱねえ。やっぱ外科医になってましたか。
確かにすげえ器用で、絵も上手かったよなあ。てか、かっこよかったよなあ。ワタクシ的には抱かれたい男ナンバーワンな彼でした(えー?)。
そういや彼はこれまた同じ部活で、彼と同じ大学の薬学部に進学した彼女と結婚したのだよなあ…と思い、検索してみたら出てきました。某大学の薬学部で講師をしてるみたいです。
…という感じで、これくらいの年齢になるとやはり同年代の人々はそれなりの業績が出来てくるのだよなあと改めて思ったわけです。当初の目的からは思いっきり脱線してしまいましたが、研究のモチベーションが上がったという意味ではまあ良かったかな、と。
がんばろう。

そして1日1回クリックして、順位確認後戻ってきていただけると研究のモチベーションも上がります学問・科学ランキング

-雑記

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.