臨床心理学

福島・会津若松の母親殺害・頭部切断事件

投稿日:

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 母親殺害 高3男子が自首…切断頭部持ち 福島・会津若松よりコピペ

15日午前7時ごろ、福島県立高3年の男子生徒(17)=同県会津若松市=が「母親を殺した」と切断された人間の頭部を持って、福島県警会津若松署に自首した。同署員が少年の住むアパートを確認したところ、首のない女性の遺体と凶器とみられる刃物があった。同署は少年を殺人容疑で緊急逮捕し、遺体は同県金山町の保育所に勤めている少年の母親(47)とみて、身元の確認を急いでいる。
調べでは、少年はバッグを持って署に現れ、署員が中を確認したところ、頭部が入っていた。少年は特に取り乱した様子ではなく、署員に「夜中に寝ている母親を、1人で刃物で殺した」と話した。一方でつじつまの合わないことを話し、「誰でも良かった」などとも述べているという。
少年は両親、祖父母、兄弟との7人家族。少年は長男で、通学のため、別の県立高校に通う次男と会津若松市内のアパートで暮らしていた。実家は同県金山町にあり、母親がたびたび様子をみに来て家事などの世話をしていた。少年は学校を休みがちだったといい、精神科に通院中という。
女性の遺体は、アパートで布団に横たえられていた。同署は母親が14日に訪ねて来て、同日深夜から15日未明にかけて殺害されたとみて、少年から詳しい事情を聴いている。同居している弟は署員がアパートに行った時におり、事件にはまったく気付いていない様子だったという。

とりあえずこの手の凶悪事件に対する当ブログ(というか私)のスタンスはこちらの過去ログをご覧いただければオッケーかと。未読の方はお読みくださいませ。
少年の凶悪犯罪に臨床心理学的立場から言えること(05/02/15)
【同じ穴の】心の闇とかに言及してしまう人【ムジナ】(05/11/15)
マスコミを介して伝わってくる情報を元に、事件の背景にある心理的要因に関する「仮説」はいくらでも立てられますが、その仮説が妥当なものかどうかなんてその時点で確かめるすべはありません。逆に専門家が無責任に「仮説」レベルの発言を垂れ流してしまうことによる悪影響を考えると、安易な発言はできないでしょう。
あくまでも「仮説」であることを強調したとしても、断定的に伝わってしまうこともあるわけですし。


・・・・・・・・・・
その辺はとりあえずおいとくとして…いや~仕事が早いですねぇ(しかし「精神異常者」って言葉はどうかと思いますが…)。
少年犯罪データベースドア
精神異常者の母親殺し(07/05/15)
今回のような猟奇的な母親殺しの問題が、別に「現代の若者」とか「現代の家族関係」とかに還元されるものではなく、逆にそんなことで他者あるいは自分を納得させようとしてしまう人というのはいかがなものかと思わざるをえません。
・・・・・・・・・・
少年事件であり、そして「精神科に通院中」という要因も踏まえると、今後この件に関する情報が極端に出て来なくなる可能性は充分考えられます。とりあえずは情報が不足している中で安易な結論(あるいは仮説であっても)は出すべきではありません。
そして同時にこの手の事件が精神科に通院している人に対する偏見を助長することもあってはならないと思います。ありきたりな意見で大変恐縮ですが、誰でも精神疾患にかかる可能性はありますし、そして同時に精神疾患にかかっている人、精神科に通院している人全てがこういう事件を起こすということでは決してないということは少し考えればすぐに理解できる話でしょう。
不確かな仮説を垂れ流すよりも、偏見を助長しないよう配慮するという方がよほど大切なことだと思うわけでございます。

1日1回、ポチっとクリックして順位を確認後戻ってきていただけると感謝感激でございます学問・科学ランキング

-臨床心理学

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.