雑記

筒井康隆短篇集が面白い

投稿日:

先日、書店で発見しましたんですが、それまで出てたの気づきませんでした。
いやー、やっぱ面白いですわ。

日本以外全部沈没―パニック短篇集 日本以外全部沈没―パニック短篇集
筒井 康隆

角川書店 2006-06
売り上げランキング : 16284
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

地球規模の地殻変動で、日本を除くほとんどの陸地が海没してしまった。各国の大物政治家はあの手この手で領土をねだり、邦画出演を狙うハリウッドスターは必死で日本語を学ぶ。生き残りをかけた世界のセレブに媚びを売られ、すっかり舞い上がってしまった日本と日本人だが…。痛烈なアイロニーが我々の国家観を吹き飛ばす笑撃の表題作(登場人物解説付)ほか、新発掘短篇「黄金の家」も収録。

表題作『日本以外~』の他、『農協月へ行く』『ヒノマル酒場』など、バカバカしいお話満載です。こういうのを読んで「すげえなぁ」という感想しか書けない自分の文章表現能力の貧困さが恨めしい次第。
・・・・・・・・・・

くさり―ホラー短篇集 くさり―ホラー短篇集
筒井 康隆

角川書店 2006-11
売り上げランキング : 175660

Amazonで詳しく見る by G-Tools

人間の脳が知覚できる最大の恐怖とは?時間を支配したはずの男を襲う断末魔とは?宇宙が経験する極限の終末とは?さらには、肥満の女流作家から銀座のクラブまで、人間いたるところ恐怖あり!痛そうで怖い、おぞましくて怖い、そして何よりも笑えてしまうほど怖い、文字通り恐るべき数々の作品。ホラー小説の概念を覆す連続技が炸裂。新発掘短篇「大怪獣ギョトス」も収録。

確かに怖いんですよ。最終話の『鍵』のラストの畳みかけるような感じがイヤーな読後感を味合わせてくれます。
・・・・・・・・・・

陰悩録―リビドー短篇集 陰悩録―リビドー短篇集
筒井 康隆

角川書店 2006-07
売り上げランキング : 8208
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

タマタマが風呂の排水口に吸い込まれたら、突然家に現れた弁天さまに迫られたら、ませた女子中学生に性教育を行なったら。その結末は…とてもここには書けません。男と女、男と神様、時には男と機械の間ですら交される、無限の可能性と歓喜に満ち、嫌らしくも面白おかしく、しかも滑稽にして神聖で、猥褒だが奥床しい行為。人間の過剰な「性」を描く悲喜劇の数々。新発掘短篇「睡魔の夏」も収録。

エロくてそしてこの上なくバカバカしいです。この短篇のいくつかを私は中学生の頃に読みましたが、あの頃のリビドーが溢れてどうしようもない感じを思い出してしまいました。
・・・・・・・・・・

佇むひと―リリカル短篇集 佇むひと―リリカル短篇集
筒井 康隆

角川書店 2006-10
売り上げランキング : 234111

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ささやかな社会批判をした妻が密告により逮捕され、土に植えられてしまった。次第に植物化し、感情を失っていく妻との切ない別れは…。宇宙の伝説と化した男が、二十年ぶりに帰ってきた。かつて賑やかだった鉱山町の酒場、冒険をともにしたロボット、人妻となった愛しの彼女。郷愁にみちた束の間の再会は…。奇想あふれる設定と豊かな情感が融け合う不思議な作品群。

「リリカル」というのはこういうことを言うのだな…と思わされる作品群です。このじんわりくる感じがなんとも言えません。
・・・・・・・・・・
以下3冊は未読です(上記4冊も一部は拾い読みしているような状態でありますが)。特に「ピカレスク」「トラブル」は読むのがもったいないって感じで置いてあります。

如菩薩団―ピカレスク短篇集 如菩薩団―ピカレスク短篇集
筒井 康隆

角川書店 2006-08
売り上げランキング : 55721
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

東京都民三百万人を殺害…したかもしれない男の言語道断。神も仏もない闘争が生んだ無慈悲。知性あふれるマダムの上品な極悪非道。文学のために私小説作家が敢行する落花狼藉。老いた生命の祝祭が暴走する破廉恥。―最凶の悪漢たちによるあまりにも過激な作品の数々。だが、どこかかわいげのある登場人物たち、ちょっとあなたに似ていなくもありませんか?新発掘短篇「傍観者」も収録。

夜を走る トラブル短篇集 夜を走る トラブル短篇集
筒井 康隆

角川書店 2006-09-22
売り上げランキング : 221767

Amazonで詳しく見る by G-Tools

血管の中を虫が走り、小さな大名行列が見える―アル中のタクシー運転手は客を乗せたまま破滅街道をまっしぐら。ラジオ局の経理課長は、労組のストで無理矢理マイクを持たされ、放送事故続出の怪番組で大暴走。悪夢のような不条理と極限状況に壊れてゆく人々、その姿を笑うあなたの心もいつしか崩壊の一途を…。精神の強靱でない方は決して読まないでください。新発掘短篇「人類よさらば」も収録。

出世の首―ヴァーチャル短篇集 出世の首―ヴァーチャル短篇集
筒井 康隆

角川書店 2007-03
売り上げランキング : 17872

Amazonで詳しく見る by G-Tools

先史時代の洞窟から現代のTVスタジオまで、虚と実の癒合が生み出した異界物語、フィクション、虚構……様々な名で呼ばれながら、我々の文明に存在する「何か」。先史時代の洞窟から、王朝、戦国をへて現代のTVスタジオまで、時空を超えて出現するその「魔物」を希求し続ける作者の短篇。

・・・・・・・・・・
筒井作品を「全く読んだことがない!」って人はあんまりいないとは思いますが、もし読んだことない方がいらっしゃいましたら、この機会に是非ご一読されてはいかかがでしょうか?作風の全く異なる(とは言えどこかで繋がっているとも思える)たくさんの短篇がありますので、きっとどれか「これは!」という作品が見つかるのではないかと思いますよ。

1日1回、ポチっとクリックして順位を確認後戻ってきていただけると感謝感激でございます学問・科学ランキング

-雑記

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.