臨床心理学

臨床経験長いけど業績ゼロってヤバくね?

投稿日:

心理関係のある集まりでのこと。
たぶん臨床経験20~25年くらいの、まあベテランの人と話をしておりました。
で、私が「研究やりたいんですよね」って話をしたら、そのお方は話題をそらすかのように「僕は泥臭い臨床やるだけだから」とおっしゃっておりました。
で、そのお方、私の知る限りでは研究はされてません。業績(=学会誌への投稿とか著作とか)ゼロだと思います。
別に「泥臭い臨床」は好きにやってもらっていいと思います。クライエントに迷惑かけなければ。
でも、タイトルにも書きましたが、臨床経験長いけど業績ゼロってのはどうかと思うのですよね


臨床経験が長くて、その上である程度のレベルの臨床実践ができていることが前提となりますが、そういう人たちは自分のやってきた臨床を、自分の身につけた知識・技術を次世代に伝えていくことも大事な仕事なのではないでしょうか。
現在、臨床経験20年以上の人であれば、研究に関する教育は受けてきていないかもしれません。でも、豊富な臨床経験に基づいて事例研究をすることは可能なのではないでしょうか。
自分のやってきた臨床をまとめることのできない人は、自分の仕事を客観的に見ることができない人だと私は思います(もちろんそれだけではないと思いますが、確実に一つの要因にはなっているかと)。
それくらいの経験年数であれば、そろそろスーパーヴァイジーなんかを受け入れても良い頃のはずでしょうが、その段階で自分の仕事もまとめられないような人にはスーパーヴァイズ受けたくないです。少なくとも私は。
研究能力が即臨床能力に繋がるとは私も考えていません。でも、ある程度の臨床実践ができる人であれば、研究もできるはずだと思います(その辺は研究と臨床カテゴリの過去ログを古い順にお読みいただけたらわかるかと)。
現在、臨床心理士の資格更新の要件は以下のようになっております。

具体的には、それぞれの5年を経過するまでに、下記の(1)~(6)の研修等のうち(1)(2)のいずれかを含めた3項目以上にわたって参加(発表)し、計15ポイント以上を取得していなければなりません。

(1)本協会が主催する「臨床心理士のための研修会」「心の健康会議」等への参加
(2)日本臨床心理士会が主催する「全国大会」および地区または都道府県単位の当該臨床心理士会が主催して行う「研修会」等への参加
(3)本協会が認める関連学会での諸活動への参加
(4)本協会が認める臨床心理学に関するワークショップまたは研修会への参加
(5)本協会が認めるスーパーヴァイジー経験
(6)本協会が認める臨床心理学関係の研究論文の公刊及び著書の出版

臨床心理士資格認定協会 「臨床心理士」資格更新制度について より)
これだと(6)はなくても資格更新できてしまうのですよね。でも個人的には(6)は必須にすべきなのではないかと思いますよ。
皆様はどう思われますかね。

賛成の人も反対の人も、クリックしていただけるとうれしいです学問・科学ランキング

-臨床心理学

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2024 All Rights Reserved.