漫画・アニメ・ゲーム 趣味

【アニメ】『ガンダムビルドファイターズ』がちょっと気になる【ガンダム】

投稿日:

ビルドストライクガンダム

【漫画・アニメ・ゲーム】の水曜日

先日まで暑い暑い言ってたのが、もう朝夕はかなり涼しくなった今日この頃。考えてみるともうすぐ9月も終わりなのですよね。そりゃあ涼しくもなるわけだ。

さて、10月は秋の番組改編期ということで、テレビアニメも新作の情報が出揃っております。

http://gigazine.net/news/20130831-anime-2013autumn/
2013年秋季開始の新作アニメ一覧GIGAZINE

個人的には、『天元突破グレンラガン』のスタッフが再結集した『キルラキル KILL la KILL』や、京アニ制作の『境界の彼方』、あと話題性で『COPPELION(コッペリオン)』(お台場の原子力発電所で起きたメルトダウンにより東京は死の街と化した…って聞いただけでヤバげな感じ)辺りはチェック済みでしたが、こちらはノーマークでした。

http://gundam-bf.net/
ガンダムビルドファイターズ

時は近未来。

アニメ作品『機動戦士ガンダム』のプラスチックモデル──通称『ガンプラ』が、1980年代に一大ムーブメントを巻き起こしてから早幾年。
今、第2次ガンプラブームと呼ぶべき、新たな波が世界を席巻していた。
その人気を牽引しているのが、『ガンプラバトル』の存在である。


…ということで、我々の世代的には在りし日のコミックボンボン連載漫画『プラモ狂四郎』を彷彿とさせる設定なわけですが…

仮想空間のCGなどではなく、製作したガンプラそのものを操作して戦うという、
画期的なバトルシステムの登場により、その人気は拡大、
毎年、ガンプラバトル世界大会が開催されるまでに至っている。
本編の主人公、イオリ・セイも、ガンプラを愛し、ガンプラバトル世界大会への出場を夢見る、
若きガンプラビルダー(製作者)である。

なかなか面白そうな設定ではあります。

基本的にはガンプラ販促アニメだとは思います。最近のガンダムの流れには着いていけなくなってる(種、種デスまではなんとかフォローしていましたが、00やAGEは完全に取り残された感じです)おっさんですので、とりあえず数話は録画する感じでしょうか。

あ、UCは楽しく見ました。

あまり期待せずに肩の力を抜いて視聴する感じでしょうかね。

-漫画・アニメ・ゲーム, 趣味
-, , ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2020 All Rights Reserved.