子育て 趣味

家族で『UNO』

更新日:

UNO

今の職場に就職した頃だから、もう10ん年前のことになりますが、土曜日だけ近くの病院のデイケアで働かせてもらってました。

デイケアで私がやってたことと言えば、メンバーさんと一緒に漫画読んだり、メンバーさんと一緒にカードゲームをしたり…ひょっとして、自分はスタッフというよりメンバーさんに圧倒的に近かったのではないかと思ったりもするのですが、ともかくそんな充実した時間を過ごしておりました。

そんな中で特に時間を費やしたのが、あのカードゲームの『ウノ UNO』でした。

なんでそんなことを思い出したかと言いますと、最近、ウノ買ったんです。家族でやろうと思って。

アウトドアにもOK!水に浮くクリアな防水タイプ!でも手の内は見えません。みんなでわいわい楽しめるカードゲームの定番品UNOの新バージョンが登場。世界初!水に浮く「H2O UNO」。濡れても平気なプラスチック製です。H2Oだけのスペシャルルール!「ドボン」カード入りで、より白熱のバトルが楽しめる。【特 長】◆プラスチックカードなので、水に濡れてもOK。◆クリアなのに手の内が見えません。◆H2Oだけのスペシャルルール!「ドボン」カード2枚入り。【遊び方】(1)前の人が捨てたカードと同じ色、数字または記号カードの指示に従って 自分のカードを捨てます。(2)残りのカードが1枚になったら「UNO」と宣言し、最後の1枚を捨てたら勝ちです。

みなさんもウノ、やったことあると思いますが、実は公式ルールというのがあるのです。

本当は知らないUNOのルール 日本ウノ協会

いやー本当にデイケアが懐かしいなあと思った次第でありました。

そして、明日は早いので今日は簡易更新で失礼いたしますです。はい。

皆様お休みなさいませ。

-子育て, 趣味
-, ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.