心理・精神医学本

『こころの治療薬ハンドブック 第9版』出てます

投稿日:

こころの治療薬ハンドブック第9版

先月のエントリ、『こころの治療薬ハンドブック 第9版』は2014年1月31日発売予定(14/01/06)でも既に紹介し、何人かの方は当ブログ経由で注文してくださったこちら。出てます。

日本国内で使用されている向精神薬を1つ1つ見開きページでわかりやすく解説する。単なる薬剤情報のみではなく、実際に使用したときのエピソード、服用や処方のポイントなど、他書にはないすぐに役立つ情報が満載。医師だけではなく、精神科の薬物療法に関心のあるコメディカル、患者さんやその家族にも大好評の書。薬剤写真や識別コード一覧もさらに充実し、向精神薬の最新情報が一目でわかる。最新版では、2013年までに発売された新薬や適応が拡大された薬剤についての情報を追加し、さらに精神科領域での使用が注目されている漢方薬の項目を新設した。巻末に「薬物代謝酵素を介する主な向精神薬どうしの薬物相互作用」一覧のしおり付き!

出版社の紹介ページでは若干の立ち読みもできますよ。

こころの治療薬ハンドブック 第9版星和書店

いまさら私なんぞが説明する必要もないかとは思いますが、精神科領域で働いている人はもちろん、服薬治療をしているクライエントの多さを考えれば、学校領域で働く人たちや院生さんなどにとっても必携の一冊と言えるでしょう。

過去の版を持っている人でも、薬の情報は結構なスピードで更新されていきますので、知識のアップデートのためにポチっとされることをオススメいたします。

皆様、是非ともどーぞ。

そして、本日は簡易更新で失礼いたしますです。

-心理・精神医学本
-, , ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.