子育て 臨床心理学

娘のピアノが忙しすぎる。そして少し心理臨床のこと

投稿日:

ピアノの中身

昨日、毎週日曜日13:00からいつもの週1回のピアノのレッスンがありました。

そして今日、19:30からピアノのレッスンがありました。

明日は16:30からピアノのレッスンの予定です。

14/06/25のエントリ、ピアノのコンクールに出る娘達に思うことでも書いたように、現在、コンクールに挑戦中の我が娘達です。

それなりに上手な娘達ではありますが、それなりに現実を知りつつもあり。特に長女にとっては「自分と同年代で自分よりも上手な子どもはたくさんいる」ということを知り、悔しく思いながらも、うれしさも感じているようで。

あれでしょうか。孫悟空的な「オラ、ワクワクしてきたぞ」的な感じでしょうか。


今日、久しぶりにレッスンに同席したのですが、本当に少しアドバイスを受けるだけで相当変わるのです。ほんの少しの差なのですが、それでも素人の私にもわかるくらいの変化があるというのはすごいなあと思うのです。

そして、我々がやっていること=心理臨床もやはり“Art”だなあと思うのです。

同じ「技術」でも“Technic”ではなく“Art”です。

常に努力し、磨きをかけていかねばならないのだなあと思うのです。

そんなこんなで、忙しいので本日はもう寝ます。おやすみなさい。

-子育て, 臨床心理学
-, , , , ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.