資格問題

今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格その1─求められる「専門性」とは?

更新日:

三団体パンフレット

これから何回かに渡って「今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格」について述べていきます。

まずは冒頭にアップしたこの画像。

心理職の国家資格化を推進している三団体のうちの一つ、日本心理学諸学会連合(日心連)のサイトに掲載されている全8ページのパンフレットの最後のページです。

心理職に国家資格を(※pdf注意)

日心連に含まれる団体内だけでも、心理学に関するこれほど多くの資格があるのです。

これらの資格に共通する「専門性」とは一体何なのでしょうか?

既にTwitterではつぶやいたのですが…

無理に最大公約数を考えるのであれば、それは「心理学」ってことだけでしょう。「心理学」の汎用資格でしかないはずなのですよ。心理師(仮称)というのは。

繰り返しますが、そこに「臨床心理職の専門性」を持たせるのは不可能だと私は思います。

では、仮に心理師(仮称)資格が国資格として成立した場合、「臨床心理職の専門性」はどう担保するのか?

その具体的な案とは…

…それはまた次回以降で。

この記事がイイネ!と思った人はtwitterでRTするか、Facebookでイイネ!してもらえると続きを書く気力も湧いてくるというものでございます(←ステマ)。

あ、はてなブックマークでブクマしてもらってもいいですよ(←さらにステマ)。

-資格問題
-, , , , ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2019 All Rights Reserved.