PC・インターネット 趣味

東海道新幹線車内でお得に無線LANを使う方法

更新日:

今週末、京都に行きます。せっかくなので、車内で提供されている無線LANサービスを使いたいと思ったのです。

http://railway.jr-central.co.jp/wireless/exp.html
東海道新幹線N700A・N700系での車内インターネット接続サービスについて|公衆無線LANサービスのご案内|JR東海

東海道新幹線(東京~新大阪間)のN700A・N700系では公衆無線LANによる車内インターネット接続サービスをご利用いただけます。このサービスのご利用には、公衆無線LAN事業者とのご契約が必要です。

どの車両がN700系(or N700A)なのかは、例えば乗換案内などで検索した際に表示されますし、みどりの窓口で特急券を購入する際に指定も出来たりします。あと、グリーン車は全席に、普通車は窓側席と最前部・最後部のにモバイル用コンセントが設置されているので便利です。そんなわけで私は必ず窓側の座席を確保するようにしています。

N700系

※イメージ画像 photo credit: glamismac via photopin cc



さて問題は、自分的にはどの事業者との契約がお得なのか?です。最近、自宅のインターネットサービスプロバイダを変更したので、以前使っていた事業者での設定が出来なくなってしまったのです、

そこで、ちょっと調べてみました。

サービス利用可能な事業者は以下の5つ。

docomo Wi-FiNTTドコモ
BBモバイルポイントソフトバンクテレコム
UQ Wi-FiUQ WiMAX
フレッツ・スポットNTT東日本NTT西日本

この内、ドコモとNTT東日本(西日本はワタクシの居住地的に管轄外)については日割りの料金設定がないのと、それぞれの業者の契約がない状態で公衆無線LANサービスの契約のみをするのは結構なお値段になってしまうため現実的ではありません。

UQ Wi-FiとBBモバイルポイントに関しては、公衆無線LANのみの契約でもそれほどお高くないようです。

http://www.uqwimax.jp/service/price/price2.html
UQ 1 Day(ユーキューワンデー)|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

http://tm.softbank.jp/wlan/prepaid/
プリペイドID|BBモバイルポイント

これによると、UQ WiMAXのUQ 1Dayは、購入から24時間で利用料600円。BBモバイルポイントのプリペイドIDは、オンライン決済プランが6時間350円、7日間700円。コンビニで購入すると、24時間500円、14日間で1000円。BBモバイルポイントの場合は初回ログインした時間から積算となります。

往復の新幹線内で利用することを考えると、BBモバイルポイントのオンライン決済プラン(7日間)かなあ…と思ったのですが…

BBモバイルポイントの対応プロバイダに自分が利用しているプロバイダが入ってた!

http://tm.softbank.jp/wlan/process.html

SoftBankでの契約が必要なのだとばかり思っていました。

これなら現在の自宅の契約にプラスして月額使用料315円で使える!

ということで解決しましたとさ。

ちなみに、わざわざ公衆無線LANを契約せずとも、走行する車内から十分快適にLTE接続できるらしいです…キャリア毎の差はあるようですが。

・東海道新幹線でチェック!新型iPhone、LTE接続エリアに大きな差(RBB TODAY | ブロードバンド情報サイト)

そんなこんなで、移動中でも快適・お得に無線LANを使う方法でした。皆様の参考になれば幸い。

-PC・インターネット, 趣味
-, , , , ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2019 All Rights Reserved.