漫画・アニメ・ゲーム 趣味

ディズニー映画『アナと雪の女王』を観た

投稿日:

アナと雪の女王 サントラ

アカデミー賞の長編アニメ映画賞を受賞しただけあって、なかなか評判いいですよね。映画『アナと雪の女王』。

娘達が見たいと言っていたので、先日映画館にて鑑賞して参りました。

で、感想を書こうと思ったのですが、現在極端に眠いので箇条書き的に。

松たか子、歌うまい

ネットの各所で評判になっておりますが、主役の一人、雪の女王ことエルサを演じる松たか子さんの歌がめちゃくちゃ上手いです。

あと、エルサの妹、もう一人の主役であるアナ役の神田沙也加さんも上手かったです。

とりあえずサントラ欲しくなっちゃいました。

ストーリーが現代っぽい

これも各所で言われていることだと思いますが、『塔の上のラプンツェル』同様、ヒロインが従来の「ディズニーアニメ的お姫様」とは一線を画しております。

何て言うんでしょうか…ガッチガチのフェミニストの皆さんから見ても、あんまり文句が出なさそうな感じとでも言いましょうか。

とりあえず姉も妹も、最終的には「自立した」「自我を持った」プリンセス(女王だけど)であると思います。王子様に守られるだけではないというか。

…って言っても、今見てみると意外に『シンデレラ』なんかも自己主張するタイプではあるのですが、それでも「王子様と結婚=ハッピーエンド」ですからね。

CGすげえ

なんつってもディズニー謹製だけのことはあります。

全編に渡って、自然な自然の(表現が変)描写が見事です。

このCGが見られただけで個人的には満足です。

とりあえず泣いた

まあ、最近の私は何見ても泣くので、泣いた=良い映画ってわけでは全くないのですが。

ディズニー的なご都合主義が炸裂してる…的な感想も抱いてしまったのですが、とりあえず面白いことは確かです。

お子様、特に娘さんがいらっしゃる方は視聴をオススメします。

小さい子は妹のアナに、それなりに大きい子(と大人)はエルザに感情移入しやすいといったように、立場や見方によって色々感想は変わってくるかもですが、その違いもまた面白かろうということで。

-漫画・アニメ・ゲーム, 趣味
-, ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2020 All Rights Reserved.