心理・精神医学本

皆藤章 編著『心理臨床実践におけるスーパーヴィジョン: スーパーヴィジョン学の構築』

投稿日:

心理臨床実践におけるスーパーヴィジョン

最近出た本で、まだ現物は見てないのですが非常に気になるのがこちら。

心理臨床の実際場面に徹底的に寄り添い、「学」としての構築をめざす。―心理臨床家の訓練に必要不可欠な営みであるスーパーヴィジョンに、「臨床性」という新たな概念を提示し、スーパーヴィジョンの動的な在りようを検討する。

出版社の紹介ページでは詳細な目次が見られます。

心理臨床実践におけるスーパーヴィジョン日本評論社

私はまだまだスーパーヴィジョンを受ける立場にあるのですが、時に教える、あるいはスーパーヴィジョンをする立場になったりもします。

どちらの立場から読んでも、色々と考えさせられることはありそうです。

心理臨床におけるスーパーヴィジョンに特化した本というのは、これまでありそうでなかったので、実は結構需要があるんじゃないかと思います。

興味がある方は是非ともどうぞ。

ということで、私も備忘録的に取り上げてみた次第。

-心理・精神医学本
-,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2020 All Rights Reserved.