資格問題

第187臨時国会が招集。公認心理師法案が衆議院文部科学委員会に付託される

投稿日:

逆光の国会議事堂

いつも大変お世話になっております、Τακäħjrö Ιŋøüé(@inotti_ele)さんからの情報でございます。さすがに情報が速いです。

「付託」というのは…

物事の処置などを任せること。特に、議会で、議案の審査を本会議の議決に先だって他の機関に委ねること。「特別委員会に―する」

付託 とは - コトバンクより)

つまり公認心理師法案は衆議院本会議の議決に先立って、衆議院文部科学委員会に委ねられたということですね。

10月2日(木)7:00現在、本法案関連のニュースはまだ出ておりませんが衆議院衆議院、それぞれのサイトで両院での議案審議経過が閲覧可能です。速報性および確実性はこちらがもっとも高いかと思われます。

衆法 第186回国会 43 公認心理師法案
公認心理師法案:参議院

そして、関連するブログ記事もいくつかアップされてます。

いよいよ秋の臨時国会: 臨床心理職能メモ
第187臨時国会開会にあたって: 「公認心理師」成立を応援するブログ

関連ツイートをしばしばされている維新の党衆議院議員かわの正美(@mkawano2416)氏のTwitterも要チェックですね。

そんなこんなで引き続き当ブログでは本法案の審議動向をチェックしつつ、皆様に情報提供できたらと思っております。

ワタクシ的には現時点ではまずは静観でしょうかね。

-資格問題
-, , , , , , , ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2020 All Rights Reserved.