心理・精神医学本

『中腰力』って必要かもなあ

投稿日:

「勉強になる」とか「臨床の役に立ちそう」とかそういうことはおいといて、読み物として面白そうです。とりあえず。
「治らない」時代の医療者心得帳

治らない時代の医療者心得帳 カスガ先生の答えのない悩み相談 治らない時代の医療者心得帳 カスガ先生の答えのない悩み相談
春日 武彦

医学書院 2007-07-30
売り上げランキング : 18618

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ちょこっと目次をコピペ。

せめてロシアンルーレットにしておけ-「運のいい医者」になるには
まっとうな懐疑-思い入れの強すぎる医療者は危険
マンネリ医者の安定感-「毎度おなじみ……」で負けるが勝ち
臨床の不思議-気合いで治す、こともある
「泣く医者」ふたたび-アンタッチャブルな鬱陶しさ
フレンチレストランの夢-「治らない」患者を前にして
青磁に鯛焼き-もうひとつの意味が降りてくるとき
精神科医の自尊心-結果オーライをガイドする
こわいことは告げないでほしい-小心患者vs.厚顔医師

ね?面白そうじゃないですか?


帯には大きな字でこう書かれております。
きみに「中腰力」はあるか
目次を見ると

対談「中腰で待つ援助論」 vs. 内田樹

とありますが、これ↓の再録ですかね?
医学書院/週刊医学界新聞 【〔対談〕中腰で待つ援助論(内田樹,春日武彦)】 ( 第2613号 2004年12月13日)
日々の臨床実践の中でどうしても悩んだり、力が入ってしまうこともあるかもしれませんが、この本を読んでいればふと力を抜くことができるかもしれません。
元々の対象は医療者全般みたいですし、心理職以外にもレコメンな一冊でございますよ。
興味のある方はどぞー。

1日1回、ポチっとクリックして順位を確認後戻ってきていただけると大変ありがたかったり学問・科学ランキング

-心理・精神医学本

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.