心理・精神医学本

復活?賦活?

投稿日:

個人的には昨年出た中でNo1の本だと思っておりますこちら。

集中講義・精神分析 上 (1) 集中講義・精神分析 上 (1)
藤山 直樹

岩崎学術出版社 2008-11
売り上げランキング : 97226

Amazonで詳しく見る by G-Tools

先日、この本をボケーっと読んでたら…


「多分間違いじゃね?」ってところを見つけたのでメモ的に。
P.105の最後から2行目&最後の行。

何となく誰かがいるところで何かを語っているというような体験のなかで、こころのなかの対話が復活されて、徐々に対話はエラボレートされてきます。

この「復活されて」は「賦活されて」じゃないでしょうか?
…ですよね?…「復活されて」って表現はちょっとおかしいっすよね。だいじょぶ…ですよね?
こんなボケーっと読んでる私が気づくくらいなので、既に他の方は気づいてたり、ひょっとして意外に2刷が出ててもう修正されてたりするんじゃねーかって気がしなくもないですが、その辺はまあゴニョゴニョ。
んでも「復活」と「賦活」って何か分析好きな人みたいに解釈したくなったりしますが、その辺もまあゴニョゴニョ。
ともあれホントお勧め本ですよ。当ブログ経由でも何人かの方がご購入くださっておりますが、ホント読んだ方いいっす。分析的なオリエンテーション以外の人にもお勧め。面白れーです。
是非とも!

よかったら…学問・科学ランキング

-心理・精神医学本

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.