雑記

自作ラーメンVer1.3

投稿日:

久しぶりの更新…と言っても3日空いただけですが、最近は連続更新を続けていたのでホント久々な感じ。
なんでこんなに間が空いたかと言いますと、仕事で修羅場っていたのでございます。北大?日心?何それ?美味いの?ってなところでございますよ(あ、日心参加された方お疲れ様でした。そして情報はあんまり入ってきませんが、臨心参加された方もお疲れ様でございました。東京では神経心理学会とかあったんでしたっけ?それもまたお疲れ様でございました)。
そして今現在も締め切りに追われっぱなしな訳なんですが、そんな中また自作ラーメンを作ってしまいました。
前回のVer1.2に続き、Ver1.3です。
ウマウマなラーメンをアップで。
ramenup2.JPG
チャーシューをフィーチャーして(「チャーシュー」と「フィーチャー」って似てるよね?)。
ramenup1.JPG
こちらは娘用のお子様ラーメン。
okosamaramen.JPG
そして麺をゆでるワタクシ。自作ラーメンのために麺ゆで用の茹でざるまで購入してしまったワタクシ。
menyude.JPG
Ver1.2も相当ウマーでしたが、Ver1.3は輪をかけてウマーでございましたよ。
アップデート内容は以下の2点。
・麺打ちの際、加水率をアップ。伸びにくく、モチモチした食感に。
・仕上げにゴマをプラス。香ばしさがアップ。


チャーシューと煮卵を作ったのは妻です。ワタクシの道楽飯に付き合ってくれてありがとう>妻
需要があるのかどうかは謎ですが、一応下にレシピを。元ネタは料理雑誌から(切り抜き記事のため詳しい出典は不明)。
厚切りチャーシュー
●材料(2人分)
豚肩ロース肉(塊) 400g
長ねぎ(青い部分) 1本分
ニンニク、しょうが各1片
以下(A)
醤油1/4カップ
ニンニクすりおろし1片分
はちみつ大さじ1
ごま油少々
●作り方
1)ボウルに(A)を合わせておく。
2)ニンニク、しょうがは2つに切る。
3)鍋にたっぷりの湯を沸かし、肉とねぎ、2)を入れて弱めの中火で40~50分、竹串を刺してみて血や濁った汁が出てこなくなるまでゆでる。
4)肉がゆであがったら1)に入れ、ときどき返しながら20分ほど漬ける。
これで相当ウマーな煮豚のできあがり。
半熟煮卵
●材料
卵4個
以下(A)
しょうゆ、みりん各大さじ3
砂糖大さじ1
顆粒鶏ガラスープ小さじ1/2
湯1/2カップ
●作り方
1)卵はぬるま湯につけて10~15分おいて室温に戻す。
2)鍋に湯を沸かし、1)の卵を入れ、ときどき上下を返しながら5分ほどゆでる。冷水に取り、殻をむく。
3)(A)をファスナーつきポリ袋に入れ、2)の卵を入れ、しっかり空気を抜いて閉め、20分以上漬ける。
これまたウマーな半熟煮卵の完成。妻曰く、半熟状態の卵の殻をむくのが大変とのこと。半熟煮卵をしっかり作ってるラーメン屋さんは尊敬に値しますよ。そして卵が半熟じゃないラーメン屋さんはもっと頑張れ(っても色々な事情はあると思いますので、一応願望ということで)。
大変美味しい現実逃避でございましたとさ。
お仕事がんばります。
関連エントリ
中華麺打った(08/08/10)
自作ラーメン食べた(08/08/15)
自作ラーメンVer.1.2(08/08/17)

ついでに1日1回クリックして、順位確認後戻ってきていただけるといっそうお仕事がんばれます。学問・科学ランキング

-雑記

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.