資格問題

「韓国で先行きが最も明るい職業」トップ5に心理職?が2業種も入っている?らしい件

投稿日:

韓国国旗

中国情報の日本語メディアであるXINHUA.JPで、先日こんなニュースが掲載されておりました。

韓国の雇用情報院が784業種、2万3490人を対象に行った各職業の先行き見通しに関する調査で、先行きが最も明るいのは健康や美容関連の職業であることが分かった。国民の収入増加や高齢化などが影響している。韓国・亜州経済の中国語電子版が16日伝えた。

同院は調査を元に職業ごとに「将来的に採用が増える可能性」、「発展への潜在力」、「雇用の安定性」などを100点満点で評価。それぞれの「職業発展前途指数」を算出し、15日発表した。

これによると、指数の高い順に上位20位の職業のうち、半数は健康や美容関連だった。指数が最も高かったのは「麻酔科医」で87.6ポイント。2位以下は皮膚科医(87.2ポイント)、整形医(85ポイント)、心理学研究員(84.4ポイント)、臨床心理士(82.8ポイント)という順だった。弁護士は82.2ポイント、会計士は81.9ポイント。

韓国で先行きが最も明るい職業とは?収入増加や高齢化が影響―韓国メディアXINHUA.JP

見てください。第3位が「心理学研究員」。そして第4位が「臨床心理士」です。

…心理学研究員って…何?

韓国の国家資格であるところの臨床心理士(1級・2級)については色々とネット上にも情報はありますが…一番新しいこの辺りを読むと分かりやすいかとおもいます。

韓国における臨床心理学資格制度の現況と展望 朴 重圭氏(※PDF注意)(国際シンポジウム『国際的な視点から考える臨床心理職の資格法制化』報告|イベント|大学院 臨床心理学専攻|福岡女学院大学・福岡女学院大学短期大学部

で、「心理学研究員」って何なんでしょうね?やっぱりよく分かりません。

ここでもう一度ランキングを見ると、1位が「麻酔科医」、2位が「皮膚科医」、3位が「整形医」…この並びから考えると4位の「心理学研究員」ってひょっとして「精神科医」の誤訳ではないかと思ったり。

それにしても、第5位は「臨床心理士」なわけで、これはさすがに誤訳の仕様がない気がします。

臨床心理職の国家資格としての「臨床心理士」制度が確立している韓国において、その臨床心理士というのは「将来的に採用が増える可能性」「発展への潜在力」「雇用の安定性」などが他の職業と比較してトップレベルに高いという事実があるのでしょうか?

うーん。なーんか信じられないんですよねえ…。

でも、これが本当に事実なのであれば、我が国における臨床心理職の待遇の悪さについて考える際に、かなり参考になるのではないかと思ったり。

…やっぱり信じられません。この件について真相をご存知の方は是非とも教えていただきたかったり。

-資格問題
-, , , , , ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2020 All Rights Reserved.