心理・精神医学本

雑誌『臨床心理学』第14巻2号の特集は「社会的支援と発達障害」です

投稿日:

臨床心理学 第14巻第2号

14/03/12のエントリ、5/3開催『発達障害の理解と支援のためのシンポジウム+ワークショップ』でもご紹介したように、雑誌『臨床心理学』第14巻全6号を通して「発達障害支援」の特集が組まれるそうで。

そして、第2号が先日出ておりました。

出版社の紹介ページはこちら。

臨床心理学 第14巻第2号 特集 シリーズ・発達障害の理解② 社会的支援と発達障害金剛出版

今回の特集は「社会支援と発達障害」ということで、ソーシャルワーカーではない我々心理職にとっては結構弱い分野かもしれません。

しかし、特集も面白そうなんですが、個人的には原著論文も読んでみたいです。「「新型うつ」の特徴を有するうつ病社員への上司の対応」とか「小学校の若手スクールカウンセラーは教師とどのように関係を構築するのか―経験年数5年未満のスクールカウンセラーへのインタビュー調査から」とか。

そんなわけで興味がある方は是非ともポチっとどぞー。

-心理・精神医学本
-, ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2020 All Rights Reserved.