資格問題

「心理師 国家資格制度について 署名活動へご協力ください。」だそうで興味のある方はどうぞ…よく読んで主旨を理解した上で

投稿日:

先日、twitterでもつぶやいたネタなんですが、結構反応がよかったのでこちらでも取り上げてみようかと。

あるブログにてこんな記事を見つけたです。

心理師 国家資格制度について 署名活動へご協力ください。

タイトルだけ見れば、心理師国家資格推進のための署名を求めているのだと思いますよね?

ところがどっこい、なかなかアレな感じですよ。

正直、どこからツッコンでいいのかわからないくらいツッコミどころが多いのですが、とりあえず気になったところを一点だけ。

「心の専門家」として臨床心理士を国家資格化する動きがあり、昨年末、共同通信で報道されたところです。

えーと…この文章を書かれた方…「心理師国家資格制度適正化協議会 会長 今増 早豊美」とおっしゃる方が何者なのか、私は存じ上げないのですが(ちなみにこの名前でググってもこの件がらみでしか検索結果が出てこないのですが…実在する人物なんですよね?)、少し調べればこの件については色々と情報がありますよ。

例えばこれとか…

2011年12月26日付 共同通信記事についての解説(緊急)全国保健・医療・福祉心理職能協会 全心協

これとか…

2011年12 月26日のプレス報道についての声明(pdf)日本心理学諸学会連合

前者よりコピペ。

この記事には大きな誤りがあります。誤りは臨床心理士が国家資格にスライドするかのような見出しにあります。おそらくこのニュースをスクープした記者が、心理職と聞いて、即「臨床心理士」と結びつけたのだろうと推察されます。

この記事にある民主、自民両党での国家資格創設の検討は、日本心理学諸学会連合、医療心理師国家資格制度推進協議会、臨床心理職国家資格推進連絡協議会の3団体による要望に基づくものを意味しています。

そういうことです。

この「署名活動へご協力ください」の記事がアップされた日時は「2012-04-05 09:31:53」です。あの報道がなされた直後ならばまだしも、3ヶ月以上経過した時点でこの認識はまずいのでは?というか、この認識に基づいてこれまで署名を集めたのだとしたら、それってある意味詐欺では?

…で、この文章は元々、心理師国家資格制度適正化協議会というところのウェブページにあったものの転載のようです。

そちらの方では既にある程度の訂正はなされているようです。

心理師国家資格化について」というページを見ると

2011年12月26日共同通信発信の「臨床心理士を国家資格に民自、法案提出で調整」といった報道はご存知事かと思います。この実態は、詳細を調べ行くと誤報であるということがわかります。

だったら、同サイト内の「協議会について」にある「代表 今増 早豊美より」という文(これが件のブログ記事として転載されたものですね)も訂正した方がいいのでは?そうじゃないとまた今回みたいな形で拡散されかねないですよ。

こんなことを書くと「そんな細かいことどうでもいいじゃないか」とおっしゃる方がいらっしゃるかもしれませんが、こういう細かいけれども大事なところに目を配ることができない人(団体)って信用できますか?私としては、こういういいかげんな情報発信をするくらいなら、まだ情報発信しない方がマシだと思うのですがどうでしょ?

正直、他にも色々とツッコミたい部分があったりします。上にも書いたようにこの代表の「今増早豊美」とは何者なのか?そしてそもそも「心理師国家資格制度適正化協議会」とはどんな団体なのか?とか。

そんなわけでまたこの件については続報があるかもしれません。

-資格問題
-, ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.