資格問題

更新制にはしない…ですか

投稿日:

裕’s Object Relational World臨床心理職の国家資格のための緊急ブログなどでも触れられているように、既に報道され始めているようです。
asahi.com:「心のケア」資格、更新制にはせず 医療・臨床の2種
心のケアの国家資格、別々検討の2つを1法案に一本化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


医療分野で2つの資格になるのは…うーん、その辺はもう少し考えてから言及するかも(ってその前に私以外の人がズバリと言いたいことを言ってくれるような気がする)。
問題は

 資格取得後も継続的にカウンセラーの能力を担保する必要があるとして、文教系議連が更新制度の導入を求めてきたが、医療関連の職種での免許の更新制度の議論につながるのを警戒する厚労系議連が難色を示し、法案に盛り込むことは見送られた。

…これ、更新制度の議論につながるとなんでマズイんですかね?財政上の問題?それとも医療職で更新制になると困る職種があるんですかね?「更新のために研修を受ける」というアフォも少なからずいますが、現行の臨床心理士制度が5年で更新になっているのは、それなりに評価できる点だと思います。
素朴に考えると、利用者のことを考えて更新制にするべきだと思うんですが間違ってますかね?

この記事を読んで(・∀・)イイ!!と思ったらクリックを!→人気Blogランキング

-資格問題

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.