臨床心理学

本日の妻のお言葉

投稿日:

昨日、妻と夕食時に話したこと。妻の言葉から抜粋。ソーシャルワーカーと心理職の違いについて。


:心理の仕事って、精神科医もそうだと思うけど、出口のない部屋にいる患者さんのために窓だったりドアだったりを作ることなんだと思うのよ。それに対してワーカーの仕事っていうのは、患者さんに対して「外の世界はこんなにいい世界なんだよ」って勧めることなんじゃないかなあ。
ロテ:でも精神科だと社会的入院ってのがあるじゃん。家族が世話できなかったり身寄りがなかったりとかで、単科の精神科だったりすると何十年も入院してるのがざらだよね。そういう場合はどうなのか?
:入院っていうのはある意味で異常な状況なんじゃないかな。でも例えばグループホームとかの施設だったりっていうのは、一つの社会だよね。だから社会的入院っていうのは今は必要悪だと思うし、最終的には何らかの形で社会に出て行く必要があると思う。そのために心理もワーカーも動いていく必要があるんじゃないかな?
…勉強になります。てか総合病院の中で一から相談室を立ち上げただけのことはあると思います。ほんと尊敬しておりますですよ。
そんな妻の立ち上げた相談室に4月から心理職が一人入ります。彼女の元で働くのは大変かもしれませんが(私は嫌です絶対。恐いから)、それでも色々勉強になると思うし、最終的には私の妻は上司として絶対に守ってくれるはずです。新しく入る心理職の人はターミナルケアだったりHIVカウンセリングだったりと重いケースの担当になることも近い将来あると思いますが、あなたの上司は信頼できる人です。がんばれば絶対に心理職として力がつけられるはずですし、将来へ繋がることも多いと思います。無理しない範囲でがんばってください。
…あれ?何の話でしたっけ?相変わらずの酔っ払いなので忘れてしまいました…ああ、うちの妻はすごい人だということでした。ほんと尊敬してます。でも絶対同じ職場で働きたくありません。夫としてはね。

この記事を読んで(・∀・)イイ!!と思ったらクリックを!→人気blogランキング

-臨床心理学

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.