子育て

長女が全国統一小学生テストを受けることになった

投稿日:

先日のエントリ、とりあえず我が家は中学受験はさせませんで言ったことと若干矛盾する感じになってしまったりしますが、中学受験塾大手の四谷大塚が主催する全国統一小学生テストを我が家の長女が受けることになりました。

テレビCMなどもバンバンやっておりますので、ご存知の方も多いのではないかと思います。

こちらは2012年11月開催時のCMですが…

こちらでは過去問にチャレンジも出来ますよ。


全国統一小学生テスト 過去問チャレンジテスト ただいま20159人チャレンジ中

制限時間があるので、ちょっと気を抜くとアレな感じの点数になっちゃったりするかもです。

中学入試をさせる気もないのに何故長女が受けることになったかと言いますと…なんでだろ?

確かに県の実力テスト的な奴はあるんですが、あれだとあんまり差がつかないんですよね。それに対して、全国レベルだと既に小4時点で中学入試を視野に入れている親も少なくないですし、かなりガチな実力差が露呈する感じがします。

「そういう世界もあるのだ」ということは知っておいてもいいんじゃないかと思うわけです。その世界に入るかどうかは別として。

そんでもってある程度の準備をしなければ相当ひどい結果になってしまうことも予想されるため、それなりの準備はしております。

やっぱり一番差がつくのは算数だと思います。算数はなかなか対策が難しいので、それこそガチの実力勝負になってしまいますが、少なくとも確実に取れる問題を落とさないことと、力技で時間をかければ解けるけど力技でやり始めたら時間が足りなくなる問題を捨てるってことでしょうかね。

対策としてやってるのはこれくらい。

国語はノープランで。以前はこれやってましたが、そのお陰である程度の読解力はあるみたいです。

理科・社会はとりあえず教科書レベルの問題は落とさないことでしょうか。

さて、本番まであと1ヶ月を切っているわけですが、結果はどうなることでしょうかね。サポートできる範囲でやっていく所存でございます。

-子育て
-, , ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.