心理・精神医学本

岡田美智男著『弱いロボット (シリーズ ケアをひらく)』

投稿日:

書店で見かけて気になった本です。

こちら。

「とりあえずの一歩」を支えるために
ゴミを見つけるけれど拾えない、雑談はするけれど何を言っているかわからない――そんな不思議な「引き算のロボット」を作り続けるロボット学者がいる。彼の眼には、挨拶をしたり、おしゃべりをしたり、歩いたりの「なにげない行為」に潜む“奇跡”が見える。他力本願なロボットを通して、日常生活動作を規定している「賭けと受け」の関係を明るみに出し、ケアをすることの意味を深いところで肯定してくれる異色作!

出版社のサイトでは「序文」が読めたり、目次が見られたり。

弱いロボット医学書院

出版社の紹介ページに載っている表紙には帯もついているんですが、そこに書かれてるキャッチコピー「ひとりでできないもん」が大変いい感じです。

この本が「医学書院の」「シリーズ ケアをひらく」の1冊として出てるのが興味深いじゃないですか。

とにかく読み物として面白そうだな、というのが第一印象です。

ちなみにこの「シリーズ ケアをひらく」、こちらくらいしか注目してなかったんですが…

他にも何冊か出てて、どれもなかなか面白そうなんですよね。

Amazon.co.jp 検索結果 “シリーズ ケアをひらく”

とりあえずこの『弱いロボット』は読んでみたいなと思ったのでございました。

興味のある方は是非ともポチっとどぞー。

-心理・精神医学本
-,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2020 All Rights Reserved.