資格問題

2015年9月2日 公認心理師法案が衆議院文部科学委員会で起草され、全会一致で可決される

投稿日:

2015年9月2日 衆議院文部科学委員会 公認心理師法案採決

ついに来ました。衆議院のサイトでは多分まだ情報は出ておりませんが、昨日、衆議院文部科学委員会で起草され、全会一致で可決されたそうな。

公認心理師法案が、衆議院文部科学委員会で起草され、全会一致で可決、本会議に提出、月内成立へ宮崎信行の国会傍聴記

公認心理師法案は、平成27年2015年9月2日(水)の午後12時過ぎ、の衆議院文部科学委員会(福井照委員長)で、自民党の山下貴司さんから趣旨説明されました。

これは、「ただちに起草すべし」との委員らの動議が出たためです。

形式上、福井委員長が全員の考えを聞いたうえで法律案の文章をつくったかたちになります。

この委員会には、自公民維の5党に加えて、社民党も委員を出しています。

趣旨説明の後、質疑と討論を求めた会派がなく、ただちに採決されました。

公認心理師法案は、全会一致で「委員長提出法案として、衆議院本会議に提出する」ことが決まりました。

提出に加わらなかった共産党も採決では賛成したようです。

記事冒頭の画像は衆議院インターネット審議中継ビデオライブラリーより、採決の瞬間(動画の3:35:50時点)のスクリーンショットです。

既に関連したtogetterまとめも作成されておりますので、Twitter上の反応についてはそちらもご参照くださいませ。

公認心理師法案委員会可決の反応9月2日 - Togetterまとめ

で、注目すべきは動画の中で郡和子議員(民主党・無所属クラブ)が述べていた附帯決議でしょうかね。

Twitter上の反応にもあるように、この内容が加わったことで相当納まりが良くなりました。

安保法案がらみのゴタゴタもあり、参院で可決されるまではまだまだ予断を許さない状況ではありますが、大きな前進と言えるでしょう。

関係者各位におかれましては、本当にお疲れさまでした。そして、今後ともよろしくお願いいたしますです。

引き続き、経過を追っていきたいと思います。

-資格問題
-, , , , , ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2020 All Rights Reserved.