心理・精神医学本

【市原悦子の】『幻聴妄想かるた』【読み札音声付き!】

投稿日:

09/12/10のエントリ、「幻聴妄想かるた」、そしてべてるねっとを発見したでご紹介した『幻聴妄想かるた』。あの時は企画をした精神障害者共同作業所「ハーモニー」が制作・販売までしていたわけなのですが、ついに出版社を通じて一般発売されることに!

幻聴妄想の世界で表現。これは当事者研究であり、障害者アートでもある。自分たちの幻聴妄想を自由に語れる場があることで、ハーモニーの当事者たちはは地域生活を安心して送ることができている。解説冊子と、DVD『幻聴妄想かるたが生まれた場所』に加えて、女優の市原悦子さんによる読み札音声CDが付録になっている。

[こんなふうに使ってください]
*医療者――心理教育のツールとして。地域で暮らすイメージをつくり、退院支援のきっかけに。
*教育者――精神看護学実習の教材として。
*当事者・家族――幻聴妄想をどう話すか、どう聞くか、どう解決するかの参考に。
*作業所――ユニークで、注目を浴びる商品開発の参考に。

出版社のページはこちら。

医学書院/書籍・電子メディア/幻聴妄想かるた

そう。何がすごいって市原悦子氏による読み札音声CDが付録なのですよ!

あの「まんが日本昔ばなしボイス」で

「コンビニに入るとみんな友達だった」
「にわとりになった弟と親父」
「のうの中にきかいがうめこまれ しっちゃかめっちゃかだ」

とか聞こえてくるわけですよ。

これは本気で欲しい!

まあ相変わらず神経症圏の人たちと関わる機会の方が多いので、自分の仕事に活かすことができるかどうかは微妙なんですが、なんか手元に持っておきたい…という感じです。

興味のある方は是非ともポチっとどぞー。

そういや、精神障害者共同作業所「ハーモニー」のブログもあるらしいっす。

日々

こちらもよかったらどぞー。

-心理・精神医学本
-, , , , ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.