資格問題

日本精神神経科診療所協会の見解について

投稿日:

臨床心理士デスマのつぶやきBlog精神神経科診療所協会が反対!や、臨床心理職の国家資格のための緊急ブログ「日本精神神経科診療所協会」の法案への反対意見でも触れられている日精診からの反対意見ですが、精神科医である風野さんのサイコドクターぶらり旅臨床心理士及び医療心理師法案要綱骨子に対する(社)日本精神神経科診療所協会の見解でもこの件についてコメントがなされておりますよ。

 ものすごい勢いで臨床心理士を批判しまくってます。なにがそこまでお前を駆り立てるのか、と問いたくなるほどの勢い。
 でも、ここまでくるとほとんど自らの首を絞めてるも同然のような気も。精神科医だって人間の心理についての教育は受けてない(少なくとも義務ではない)わけだし、精神科医がやれば保険点数がとれる「通院精神療法」や「標準型精神分析療法」の科学的有効性について問い返されたら、いったいどう答えるつもりなんだろう。

一般の精神科医の方の見解は、こういった感じのが多いのではないかと思うのですが…その上層部にいる人はよほど○○なんですかね(意味もなく伏せ字)。
うーん…まあ、うちのボスもパラな人だからなぁ…年寄りってそんなもんなんですかね?

この記事を読んで(・∀・)イイ!!と思ったらクリックを!→人気Blogランキング

-資格問題

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.