心理・精神医学本

2005年第2四半期売れ筋ランキング

投稿日:

今日から7月ですね。今年ももう半分経過したということですよ。もういくつ寝るとお正月!ですよ(←意味不明)。そういう意味不明なことはどうでもいいんですが、でもホント早いですね。1日1日大切に過ごしたいものです。
さて、そんなわけで今年の第2四半期(4月~6月)も終わったんですが、その期間、当ブログ経由で売れた人気本のランキングに行きたいと思います。
ちなみに第1四半期のランキングは4/21のエントリ、ランキングを参照のこと。
ではいきます。皆さんも予想してみてください…
今回は第5位から
第5位は同数で2冊あります。

4062573237 マンガ心理学入門―現代心理学の全体像が見える
ナイジェル・C. ベンソン Nigel C. Benson 清水 佳苗 大前 泰彦

講談社 2001-03
売り上げランキング : 18,753
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

講評2ちゃんねる心理学板ご推薦の初心者向け書籍です。中学生・高校生向けだと思いますが「心理学」を勘違いしている臨床厨に読ませたい本でもあります。

4263211480 高次脳機能障害学
石合 純夫

医歯薬出版 2003-08
売り上げランキング : 14,003
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

講評:なんと6/8のエントリで紹介したばかりのこの本がランクインです。すげえ。やはりこれからの心理臨床場面での神経心理学の重要性を感じている人が多いということなのかもしれませんね。うれしいことです。
第3位

4260333259 看護のための精神医学 第2版
中井 久夫 山口 直彦

医学書院 2004-03
売り上げランキング : 11,804
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

講評:ランクインも納得の歴史的名著だと思います。わかりやすく、そして本当に大切なことが書かれている1冊です。精神科臨床に関わる人だけではなく、心理臨床の全分野の人に読んでおいてもらいたい本ですね。
第2位

4791104994 こころの治療薬ハンドブック〈2003年〉
青葉 安里 諸川 由実代

星和書店 2003-04-10
売り上げランキング : 8,125
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

講評:何度も言っていますが薬の知識は大事です。これも精神科領域以外でも必須だと思います。
さて、ということは第1位は…そうあの本ですよ。このブログをずっと読んでらっしゃる方はご存じだと思います。










(今回もちょっと引っ張ってみる)









4753399060 精神分析的心理療法の実践―クライエントに出会う前に
馬場 礼子

岩崎学術出版社 1999-09
売り上げランキング : 29,725
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

講評:禮子?・"煤━━━━(?・??延a━━━━!!!!!! 言わずもがなの良書です。私も未だによく拾い読みですが読み返します。初心者のみならず、ある程度の経験がある臨床家も、そして精神分析的・力動的志向性ではない臨床家にとっても得られるものは多いはず。
こちらのブログ経由で買ってくださった方々、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。セレクトショップの方も更新したんで良かったらご覧下さい。引き続き「こんな本を探しているよ~」というコメントありましたらドシドシお寄せ下さい。

この記事を読んで参考になった!と思っても思わなくても、クリックしてくれた方には感謝申し上げますよ→人気Blogランキング

-心理・精神医学本

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.