資格問題

自民合同会議にて議員立法となる公認心理師法案了承される

投稿日:

http://mf.jiho.jp/servlet/mf/index.html

(恐らく)神経心理学を専門とされているであろう方が運営されているブログ、日々の雑感経由の情報です。

医療系の専門出版社、株式会社じほうが運営している会員制情報サイト、MEDIFAX web(メディファクス ウェブ)にて、公認心理師の最新情報がアップされております。

会員にならないと情報の閲覧が出来ませんが、2週間の無料お試し会員になれば読めるようですので見てくださいな。

・公認心理師を国家資格化へ、法案了承 自民合同会議
http://mf.jiho.jp/servlet/mf/seitou/article/1226577533445.html

2014年5月30日 19:40

自民党の文部科学部会と厚生労働部会の合同会議は30日、議員立法となる公認心理師法案を了承した。公認心理師を国家資格化した上で、法的に制度として位置付ける。「心理職の国家資格化を推進する議員連盟」(河村建夫会長)が取りまとめた。

昨日の夜のニュースですね。

公認心理師が行う行為としては▽心理状態の観察とその結果分析▽心理に関する相談、助言、指導、援助▽心の健康に関する知識の普及を図るための教育、情報提供―など4点を掲げる。

“などの4点”とありますが、3点しか書かれてないわけで。

しかし「観察」「結果分析」「助言」「指導」とか色々気になる言葉が散りばめられてたり。実際の法案を見てみなければ、何とも言えないところではありますが。

公認心理師の義務も明記。医師や教員などとの連携を保つことや、主治医がいる場合は、その指示を受けなければならないと定めている。また受験資格や、試験事務を行う指定試験機関などについて規定し、公認心理師試験の枠組みを示している。

やっぱり「指示」問題はこのままなのですね。細目で何とかなってないかなあ…と淡い期待は抱いております。ホントどうなることやら。

しかも「指定試験機関」についての規定もなされているのですね。

早く法案を見せてください。話はそれからってところですかね。

取り急ぎ情報提供までにて失礼いたします。

-資格問題
-, , , , ,

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2019 All Rights Reserved.